きしだギレンホール

ハッピーフライトのきしだギレンホールのレビュー・感想・評価

ハッピーフライト(2008年製作の映画)
4.2
ジェット機の副操縦士である鈴木は、この度機長への昇格試験を受けることになった。ひとまず離陸には成功するが…。

本作のような「お仕事ムービー」が大好きなのでどうしても点数が高くなってしまいがちなのですが、それでもよく出来ていると思います。一つの飛行機を飛ばすのには、パイロットはもちろん管制塔やら整備士やら、たくさんの人間が関わっていることを学べるし、各プロフェッショナルたちの活躍も満遍なく楽しめます。私は矢口史靖監督のこのバランス感が非常に素晴らしいと思います。登場人物みな主役!な感じがとても心地良いです。