ジョゼと虎と魚たちの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

ジョゼと虎と魚たち2003年製作の映画)

上映日:2003年12月13日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

「ジョゼと虎と魚たち」に投稿された感想・評価

来月にアニメ化される本作、未見だったのでこの機会に観てみた。
冒頭に登場したスレンダーなセフレ役の俳優に見覚えあるなあと思ったが、江口のりこじゃないか。
妻夫木はリアルでもこんなんじゃないかと思わせるハマり役だった。
若者特有のきらめきと痛々しさがうまく表現されていてよかった。
ゆう

ゆうの感想・評価

4.0
人間の良さ、悪さがあって人間臭さが良かったなぁ、

最後の妻夫木くんの車の音にかき消されながら泣いてるシーン、なにかグッとくるものがあって、好きだからこそ同情で付き合ってたわけじゃないからこその逃げ、別れだったんだなって。

ぼーっとみてたけど惹きつけられるものがあって終わった後に考えさせられる作品でした。
あ

あの感想・評価

3.7
ツネオの屈託のなさにやられそうになる。
「いやいやこいつ」みたいなとこはありつつもまっすぐ素直に生きる彼に、恥ずかしい人間である自分は嫉妬してしまったな

ジョゼは全部見抜いてて、結局優しいツネオは逃げた痛みを抱き続けるんでしょうね
見る時期によってはおかしな方にハマっちゃってた気がする

ぼーっとしながら見ちゃったけど台詞とか海の映像とか綺麗なものが多かった。これぞ邦画って感じで地味なんだけど、

卒論聞いたあとで脳みそがへとへとで、何が起こっているのか追いきれてなかった気がする。小説原作で詩的な印象だから頭がさっぱりしたときにまた今度見ようと思う
お互いわかっていた結末

どうしようもない恋の唄
美

美の感想・評価

3.0
そういや観たことなかったなと思い、、
出てる役者さん達は魅力的で好きだけど
私には合わなかった。
とも

ともの感想・評価

3.7
最後、え!なんで別れるん!って思ったけど確かに現実やったらそうなるんかな〜わかんないまだ子供だわ🤷‍♀️
いい意味で夢を持たせないリアルな人間くささ
誰かと付き合って失恋したりしたらまた見方変わるのかなぁ
ボロいアパートで同棲して、一日中ぼーっとしてた日の夕方にたばこふかしながらみたいエモさ。

2000年代初期の映画の雰囲気好き〜砂ぼこりみたいな感覚
ooooo

oooooの感想・評価

3.5
若き頃、失恋してめちゃくちゃ観て
泣くというのを繰り返してた映画

江口のりこのアレ、好きです

池脇千鶴が凄くて。今でも魚焼く時
思い出す。
大好きな人との別れはもう2度と
会わないほうがいい。

くるりらめちゃくちゃ聞いたよ
真優子

真優子の感想・評価

4.4
『好きや。あんたも、あんたがする事も好きや。』
情けなくて不甲斐なくて、それなのに不意にものすごく頼もしく逞しいのが似合うなー妻夫木聡。
この温度の映画、やっぱり好き。たぶんまた見返すと思う。
そい

そいの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

あぁ…人間…って感じ

人間らしさをとことん感じる作品

独特の世界観にぐっと引き込まれました
>|