つるみん

コッポラの胡蝶の夢のつるみんのレビュー・感想・評価

コッポラの胡蝶の夢(2007年製作の映画)
3.3
高校の国語の授業で鑑賞した作品。まさか学校でコッポラの作品を観れるとは!!贅沢すぎますね〜。

さて内容はというと…
んー。非常に難解であり、自分の見解から言わしてもらうとノーランの〝インセプション〟からエンターテイメント性を全て切り取った作品。

いかにも万人受けしそうにない映画であった。しかしゴッドファーザーを鑑賞している自分からすると少しは楽しめるところがある。照明の使い方や家具、雰囲気といい似てるんですね〜。
それはその時代だからじゃないのー??
確かにそうとも言える。だが本作の主人公が若い頃に戻るという設定のように、コッポラ自身も初心に帰ったような気持ちで取り組んだのであろう。
その理由としてあげられるのは3つ。

1つ目はコッポラの初心。まぁつまりはゴッドファーザーとも言えるのでは?そこでゴッドファーザーの雰囲気を出したと勝手な推測をする。

2つ目は自主制作である。コッポラ自身が私財を投じている。

3つ目はただ単に意味もなしにカメラを反転したりなどする素人技。これは若かれしコッポラ自身のことを重ねているのでは?
邦画こそ、コッポラの胡蝶の夢であるが原題は若さなき若さ。一見どういう意味だ?と首を傾げたくなる言葉だが、コッポラ自身のことを考えると理解できる。

ネットでも書かれている通り、コッポラ自身をこの主人公に重ね合わしているのではないのだろうか?

まずコッポラ監督に興味がない人にとっては辛い2時間であったであろう。