あおい

エイリアン2のあおいのネタバレレビュー・内容・結末

エイリアン2(1986年製作の映画)
3.0

このレビューはネタバレを含みます

1作目とは打って変わって、銃弾が飛び交うアクションな2作目。私が「エイリアンってこんな映画かな?」と思っていたイメージにぴったりな作風でしたw

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の翌年の1986年公開ですが、当時の(味のある)VFXをふんだんに…というよりは銃弾と火炎と爆発が盛りだくさんです。それによってリアリティのある雰囲気が出ているようにもかんじますねー。

「母親」がテーマですが、たくさんのエイリアンたちの母である「クイーン」、それから前線部隊の部隊長「エイポーン」、アンドロイドの「ビショップ」と、チェスの駒の名前がちらほら。。ちょっと微妙だけど、本作のキャッチコピーが "This time it's war." なのもあるし、戦争とかかってるのかな?

1作目を踏襲した、タイムリミットが迫るクライマックス→ほっと一安心→まだ終わってなかったあああ!→エイリアン船外排出エンドも、こてこてですが私は好きです!
何よりシガニー・ウィーバー演じるリプリーから迸る「生への渇望」みたいなパワーがすごい!本当に魅力的な女優です。。