サンタ・サングレ/聖なる血の作品情報・感想・評価

「サンタ・サングレ/聖なる血」に投稿された感想・評価

大好きなアレハンドロ・ホドロフスキー監督の作品。
エル・トポやホーリーマウンテンと比べたら数段分かりやすいし普通に感動できる。
主人公の現在と過去の対比が切なく美しい。

宗教要素、スピリチュアル要素が抑え目なので日本人でも普通に解るんじゃないでしょうか。キチガイ描写も抑え目だからホドロフスキー作品でギリギリ人に勧められる映画。

ただ、常人に理解されにくい高尚且つ情熱的なキチガイ映画を撮ってたホドロフスキー監督が、こういった商業的映画の型にはまった落ち着いた作品を撮るところまで"降りてきてしまった"っていう少し残念な気持ちもある。
メキシコのサーカス団長の息子フェニックスはある夜父の浮気現場を見た母との修羅場を目撃してしまい………

『エル・トポ』
『ホーリーマウンテン』の
!!アレハンドロ・ホドルフスキー!!
監督によるサスペンススリラー。
TSUTAYAプレミアム無料期間中に動画配信にないカルト映画を鑑賞。


「商業映画を意識しました」
by監督


と、商業映画とは程遠いカルト作家のホドルフスキーさんがそう宣言をしているだけあって、上記の代表的なカルト2作と比べるとストーリーもわかりやすく、オチもしっかりしていて初心者向けかもしれない。
ただ普通の映画と比べたら芸術的すぎて絶対一般受けしないという中途半端な作品でもある(笑)
父と息子、母と息子、男女を描いた今作は『サイコ』のような雰囲気も出しつつリアリティがある。
と思ったらなんと実在のシリアルキラーにインタビューを行ってストーリー作ったとかなんとか!
ホドルフスキーも一歩間違えたら犯罪者になってそうだもんのね……(笑)

キャストはもちろん知りません。
主人公はホドルフスキーの息子達が幼少期と青年期を演じているそう。ファミリービジネスやな。
あとはタトゥーの女がデブなのにエロく感じてしまうのが悔しかった。

相変わらずこの監督の映画に点数は付けませぬ。
あれだけカルト映画は肌に合わないとか言っていたのに、今作を見たあとだと『ホーリーマウンテン』の強烈さが少し寂しくなってしまう我儘な自分であった。

カルト映画好き、ホドルフスキー監督のファン、そしてシリアルキラーの心理を知りたい方にはオススメの作品。
mtmt

mtmtの感想・評価

3.5
アレハンドロ・ホドロフスキー監督作品で、ジャンルは前衛ホラーかな。精神病院、サーカス、フリークス、白塗り等々。ホドロフスキー作品に安定のテイスト。ただし上記タームから想像されるような不道徳感は全くなく、芸術に昇華させているのはさすが。ストーリーは理解しやすく、他の監督作品より観やすかった。
Ukosaaan

Ukosaaanの感想・評価

3.8
ホドロフスキー流ホラー。
いつものあの感じを保ったまま話がちゃんとしてて驚いた。そして案外泣けるのです。実話を基にしてるらしい。
これもちょっと前に観たのでうろ覚え。
エルトポ、ホーリーマウンテンと続けて観たのでかなり身構えたけど、結構観やすい映画だった印象。
しかし、クオリティが落ちたとかそういう事はなくこれはこれで普通に面白かったです。
Nao1996

Nao1996の感想・評価

3.8
60年代70年代は東洋趣味、神秘主義、アポカリプティックな世界観を全面に押し出したダリの絵みたいなマジックリアリズムだけど、DUNEの頓挫以降はやはり作風に変化があり、物語の筋が明確になった。独創的な表現と商業としての映画の両立がしっかりなされ始めたのだろう。個人的には HOLY MOUNTAINが一番好きだけど、両腕を自己の輪郭のメタファーとして利用したり、ENDLESS POETRYにも通じるフリークスサーカスを登場させたり、揺るがない芸術家としての軸に感動。この映画のテーマはトラウマの克服や愛だと思うけど、自己の葛藤はホドロフスキーの映画には常に付随する問題だなぁ
母親が髪の毛でつるされる芸当はたまにおもいだす
エルトポ、ホーリーマウンテンに比べて、商業的。
>|