男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇の作品情報・感想・評価

「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」に投稿された感想・評価

T

Tの感想・評価

5.0
てめえ、ちくしょうばかやろうこのやろう。まったくおとといきやがれってんだこのやろう。だいたいてめえがへたなことぬかしやがるから、こうなっちまうんじゃねえか。ねえ?おいちゃん。

あー、うるせえんだよ、とらは、すこしくちーふさいでろってんだよ。

なんだとこのさるおやじ、じゃねえ、たこぼうず。

外交官免責特権だ、責任者をここへ呼べ。

あー、だから、ごくつぶしってんだ、くらいえーがばっかりみてっからそーなっちまうんだよ。

おいちゃん‼️それをいっちゃーおしめーよ、、
エンピツのいっぽんでも、うってきやがれ‼️

ボールペンにしなさい。援護される側としては、好みより実効制圧力が肝心だわ。



脈々と続く、トラサニズム。
この「男はつらいよ・シリーズ」中、傑作だと思います。
お互いに好きだけれども相入れないんですね。
錆犬

錆犬の感想・評価

-
2011/12/14 DVD
👍良かった🎵
[特別篇]は[オリジナル版]に敵わない

満男(吉岡秀隆)の回想シーンで始まるこの作品、渥美清が亡くなってから作られた作品。
「おじさん(寅さん)は、いろいろな女性と出会っては別れたが、やっぱり一番印象的だったのはリリーさんだ」というセリフを吉岡に言わせるのはオカシイ。まだ満男役になっていなかった吉岡が回想すること自体、違和感あり。回想させるのであれば、源ちゃんなどが良かったのではないか?

また、オープニング主題歌「男はつらいよ」を、女性である八代亜紀が唄っているのも違和感あり。

それ以外の内容については、ほとんど「オリジナル版」なので楽しい。
リリー(浅丘ルリ子)が病気で倒れた旨の速達がとらやに届くが、リリーの病院が沖縄。飛行機に乗るのを寅さんが嫌がるが、スチュワーデスについていって飛行機に乗っていく。
この作品、リリーと寅さんが所帯を持つ/持たない話が出て来てしんみりするが、オリジナル版はなかなかのクオリティ。


オリジナル版は「沖縄海洋博」が開催されていた頃に撮られたものであり、自分も中学時代に東京から「沖縄海洋博」に行ったので懐かしい…。


しかし、渥美清没後に作られたこの[特別篇]は、やはり[オリジナル版]には敵わない
いたる

いたるの感想・評価

3.6
主題歌が八代亜紀の時点でなかなか……
Kirocu

Kirocuの感想・評価

3.5
いままでの名場面集だとばかり思っていたけど、中身はまんま25作目『寅次郎ハイビスカスの花』みたい。追加シーンは最初と最後のみ。

リリーの想いに気付かない寅さんにイーッってなる。まぁ気付かないのが寅さんたる所以か。
25作目っていうと一番油がのっていた時期なのかな。おもしろかった。48作目の晩年の寅さんと比べるとやっぱりだいぶはつらつとしていると思う。




若い頃は、「寅さんてなにがおもしろいんだ?なんでこんなに人気があるんだ?」なんて思っていたけれど、自分が30を超えたあたりから俄然おもしろくなってきた。特に8作目までの初代おいちゃんとの掛け合いが大好き。歳を重ねることでこんなに評価が変わる映画もあるんだなぁなんて思ってしまう。
futebol

futebolの感想・評価

4.0
シリーズでも名作となってる作品に少し手を加えたもの。感慨深いものがあった。
>|