男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇の作品情報・感想・評価

「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」に投稿された感想・評価

シリーズ48作+特別編1作完走。圧倒的な充実感とそこはかとない寂寥感。

(評論>作品)な偏狭なシネフィルどもは観ないでバカにするのだろうな。
だが、これほど多くの人に愛され、長年に渡って支持された作品があっただろうか。

「映画的」でない?
いいんだよ、そんなこたぁ、どうでも。
自分のエモーションを他人の評論で答え合わせしてんじゃねぇぞ、蓮實信者。

このシリーズには、人情噺・啖呵売・"寅のアリア"と呼ばれる渥美清の語りの芸等の大衆芸能、農村・漁村・田園・祭等今では失われてしまったものも多い日本の風景、町を流れる流行歌・寅次郎が売るいかにも怪しげな商品に見られる、昭和・平成に跨がる26年間の風俗の変遷、これらの貴重な記録がある。

そして寅次郎が見せるダンディズムのカッコよさとその内に潜む情けなさ(これについては48作目『寅次郎紅の花』において寅次郎がリリーによって見事に喝破されている)。

49作全てが傑作という訳にはいかないだろう。
しかし、倍賞千恵子さんが「渥美清さんとお別れする会」でこう言っていた。

お兄ちゃんはいつもインタビューの時に、「俺は長い長い一本の映画を何十年かけて撮ってるんだよ」って言ってるのを聞いて…。私もよく聞かれたのよね、「飽きませんか」とか。
…そういう時は「俺は長い長い一本の映画を何十年もかけて撮ってるんです。…お兄ちゃんはそう言ってました。私もそう思っています」
(以下略)

よってスコアはシリーズ全体に対してのもの。

山田洋次監督及びスタッフの方々、渥美清さん、倍賞千恵子さん初めレギュラーキャスト及びゲストの方々に最大限の賛辞を!

そして、『男はつらいよ』の新作が公開される度に劇場に駆けつけた寅さんファンに感謝を!皆さんのお陰で、この長い物語が作られました。

追伸:この"男はつらいよマラソン"の期間中、第50作の制作が発表された。

旅はまだ終わらない。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.0
そういえばまだ見てなかったなこれ第81弾。渥美清死去に伴って作られた特別編ってことでなかなか手が伸ばせなかったんだけど来年新作公開が決まったって事でようやっと手に取る。満男が回想する形式なのと主題歌を歌うのが渥美清じゃないことを除けばオリジナルとほとんど変わらないやん笑。オリジナル初見の時には大してグッとこなかったはずの「リリー、俺と所帯持つか?」がまさか今回はこんなにもじわじわとくるとは思わなかった
寅さん全48作観切りました。
徐々に病が進行して行く渥美清の演技1つ1つに悲しみが込み上げてしまって、
40作目前後からはあんまり笑えなかったな〜。
みんなそれぞれ当たり前だけど歳取っていって、自分もその家族の1人みたいな気持ちになりました。
かおり

かおりの感想・評価

4.6
本当に最後の作品。
大好きな 寅次郎ハイビスカスの花の特別編。

たくさん好きなシーンはあるけど
「リリー、俺と所帯持つか」
の一言、寅さん史上一番好きなシーンでした。
今見返すと沖縄の二人暮らしは夢みたいだ、これが最終回のタクシーのシーンにつながると思うとやっぱり嬉しい!
みんなまだ若くて寅さんも勢いがあって観てて幸せ気分。
前後の満男のシーンだけは特別なのね。
寅さんレビュー終了!
1997/11/22 映画館
じょの

じょのの感想・評価

3.0
下町を舞台とした人情話であることから、ベタなロードムービーと思われがちだが、あにはからんや『男はつらいよ』は、実にスマートな構成でできているのだ。脚本に無駄がなくテンポがよい。ギャグもおもしろいし、キャラクターが全員立っている。
シリーズは第48作まで続き、もし渥美清が生きてたら、まだまだ撮るつもりだったはず。正月に寅さん映画を楽しみにしていた老人は、何も郷愁とか惰性で見てるわけではなく、“おもしろいから”見てるのだ。おもしろくなきゃ、ここまで続けられない。まさに神シリーズ。

私、日本の監督で山田洋次作品が、一番好きなスタイルかも。
普通の人が見て、普通に面白いエンターテイメントが撮れる監督。
簡単なことじゃありませんよね。

かのイギー・ポップも、『男はつらいよ』のファンだそうで(最初の妻が日本人であったため、同シリーズを知ったらしい)日本でインタビューを受けた際、イギーはインタビュアーに「きみは『男はつらいよ』を知ってるか? なに? 知らないだと? あれは最高のロードムービーだぞ!」と言ったとか言わないとか。さすがイギー。見る目あるね。
全て終わってからの特別編、最初観た時より感慨深い。寅さんとリリーの恋話は、会話の1つ1つが絶妙で心に染みる。やはり寅さんはリリーと絡むと一層光り輝く。最後の最後にこの作品を持ってきたのはやはり正解だな。‬
寅さんーー!!
寅さんの自由さ
リズムがいい
錆犬

錆犬の感想・評価

-
2011/12/14 DVD
>|