ヒューマンネイチュアの作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 3ページ目

「ヒューマンネイチュア」に投稿された感想・評価

今まで見た映画のリストを作っています。レビューは後で記述します。
ネズミがフォークを使ってた!
人間は動物だってことを日々忘れないこと!
ピーターDの差しが効いてる(笑)
umihayato

umihayatoの感想・評価

5.0
動物になりたい人間
動物として育てられた人間
動物に文明を教え込みたい人間

この3人がごちゃ混ぜになる設定だけで既に面白い。

元は猿だろうが、染色体が1本しか違わないとか色々言おうが
人間は人間。ただの動物。
自分の欲求を満たすために、したたかに行動し、騙し、操り、
はたまた欲求を餌にして、誰か一人が欲求のために大勢を統治したりまでする。
これが「自然界と違う」かとか同じかなどは最早わからないことなのでどうでもいいことだ。
これが人間界のシステムで
人間はそういうものだ。
笑い蔑み惨めになろう。
迷うことはない。
ネズミだって教えこめば餌を取るためにヒッチハイクする。
いいラストシーンだった。

自然賛歌の終わりと共に人間賛歌も終わる。システムとしての共存の道を探すべきだと思った。
たろ

たろの感想・評価

3.0
なんかよくわからん映画だな
設定は奇抜だけど話の内容は普通

ねずみがかわいかった

結局全ての人間は訓練かれた猿ってことなのかな?
そして一度社会性を身につけるとそこから開放されることはできない的な?

終わり方は結構好き
パフがスペルマを吹っ飛ばしたいがあまり電気ショックで何度も自身が吹っ飛ぶ姿が面白すぎた。人間も類人猿も大差なくて、この世は猿山だよなぁ。
TAKAHIRO

TAKAHIROの感想・評価

3.6
自分を猿だと思い込んでいる男と、宇宙一毛深い女、そしてネズミにテーブルマナーを教えようとする博士を描くブラックコメディ映画。
安っぽいジャケが勿体ないけど、生物学的な「人間」とは何かをブラックユーモアで足らしめる、内容が深いB級映画だった。
ken

kenの感想・評価

-
おバカ映画というフレコミだったが全然シリアス。かなり人間を皮肉っている感じ。
う

うの感想・評価

4.1
ジャケがすでにしょーもないから期待値ゼロだったのに。完敗。

とりあえず日本版主題歌にモールルの裸族を推薦しときます。
tori

toriの感想・評価

3.9
マルコビッチの穴の脚本家だけあって奇想天外

お高くとまっているが、人間なんて所詮類人猿が全身脱毛した程度の生き物

チャーリー・カウフマン
脚本家に注目したことないが、興味深い
何本か観るコトにした
shiori

shioriの感想・評価

1.0
リスエヴァンスに期待して見ました。 彼は、最高でした。 でも、話的にはいまいち受け入れられませんでした。