カタパル

電人ザボーガーのカタパルのレビュー・感想・評価

電人ザボーガー(2010年製作の映画)
3.9
迸る原作愛!おそらく、原作を知ってるかどうかでかなり評価が分かれると思います。ボクはリアルタイムでテレビ放送を観ていた世代なのでこの評価。

『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』が高評価ですが、原作愛では負けずとも劣らず。いや、こちらはやり過ぎなくらいに原作火山が噴火してマグマがドロドロ流れ出しています。ただ、残念ながら『電人ザボーガー』はあまりにもマニアックすぎる。

明らかにヒットする要素がないのに井口昇監督史上最大の予算一億円超え。映像的に凄すぎます。オープニングのミスボーグからしてひっくり返りました。その後も一億円かけたB級映像の連続。