i

映画ドラえもん のび太の恐竜2006のiのレビュー・感想・評価

3.8
この作品は何度見ても泣いてしまうドラえもん映画の一つ。
なんか色々とずるいなぁと思いながら泣いてしまいます。
のび太は別れ方が上手い!
シーン1つ1つがとても丁寧に作られていて、住宅街のリアルさが特に印象的。自分達の世界にのび太がいるみたいにも見える。ピー助の愛嬌の良さと言い大冒険の規模と言い迫力と言い良作。

「お前、俺が落ちそうな時
俺の手離さなかったもんな」
だなんてジャイアンいい奴だな本当に。

この映画上映後「暖かい目」が一時の間私の周りで小さなブームとなり自分なりの暖かい目を模索していました。

スキマスイッチのボクノートがまた泣かせる。