夜な夜な映画祭

東京公園の夜な夜な映画祭のレビュー・感想・評価

東京公園(2011年製作の映画)
3.8
青山監督の作品としてはキレイ過ぎて、初見は拍子抜けた。

しかし、監督の過去作のイメージじゃないというだけで受け入れられないなんていうのは、受け手の怠慢、作品に対しての暴力じゃないかと思う。

『東京公園』は、これまでの青山監督の灰汁の強い作風とはかけ離れ、顕著だったカットアップの多用もなく、1シーン1シーンを丁寧に配置したような印象だ。

肝心な瞬間はあえて画面に収めず、その後の役者の仕草や表情で読み取らせる、ものすごく繊細な作りで、唸らされた。

ゾンビ映画や死んだ友人の設定もユニークで、世界観が広がっている。味わい深い。