ブロンコ・ビリーの作品情報・感想・評価

「ブロンコ・ビリー」に投稿された感想・評価

もう、ソンドラロックが可愛くて可愛くて。画面に出てくるだけでニヤつく。
意固地な女なところも好き、皮を剥いだ後も好き。もうなんていうか、好き。
クリントイーストウッド監督主演のハートウォーミングコメディー 1980年作品
イーストウッドの作品の中でも特に好きな作品の一つです。

哀愁溢れるオープニングのカントリーソング
それぞれ辛い過去や罪をもちながらも、ワイルドウエストショーの登場人物になりきっているメンバー
今はたくさんの子供たちを喜ばせる為、時には孤児たちを勇気づける為にボランティアのショーを行う事も
そんな貧乏旅の一座に
事件に巻き込まれた強気な金持ちお嬢さんが加わり旅がつづきます

初見は85年、淀川長治さんの「日曜洋画劇場」でのTV放送
もちろんイーストウッドの吹き替えは山田康雄さんでした。

80年代後半にワーナーからビデオソフトが発売されたので初めてオリジナル版を観賞
2000年代に入ってDVDで再観賞
今回は少し前に録画しておいた、BS東京で放送されていたイーストウッド無双、DVDには入ってなかった日本語吹替えで久々に観賞いたしました。
85年の放送の時よりもさらにシーンがカットされていたのでその辺は少し残念でしたが、コメディーという事もあって、オリジナルよりも山田康雄さんの声が雰囲気出てるように私は感じます。
ほとんどルパン三世って感じになってますが(笑)

印象に残っている場面
酒場でのトラブルから拘束されたメンバーの一人が脱走兵で手配中だった事がわかります。
このメンバーを釈放してもらう為、ブロンコビリーは有り金すべてを持って悪徳保安官に面会
「この金で、目をつぶって欲しい」と頼むビリー
見下した視線でボロクソにビリーを罵りまくる保安官

耐えるビリー・・・

最初この場面を見た時、これまでのイーストウッドだったらこの憎らしい悪徳保安官を叩きのめしてくれるはずなのに、どうして黙ってるんだ!なんでだ!
なんて思って見てました(笑)

翌日、学食で早速友人にこの場面の話をしたら
「おまえ違うぞ!分からないのか、それこそ漢じゃねえか!」
と叱られた思い出があります。

この作品、なんか好きなんです。

4Kでリマスターして、日本語吹替も追加収録してブルーレイ出してくれないかな~
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.9
アメリカの正義と良心
これぞ イーストウッド映画だよなぁ

貧しき者達の愛 民族を超えた友情 子供達に伝う希望
友の為に弱きに徹する男の優しさ そして
あのツギハギの星条旗を背に 颯爽と馬に跨る
イーストウッドの カッコ良さったら
こんなにも 胸がスゥーっと爽やかになるなんて
自分もまだまだ 映画の夢を見てられそう…

古き良きアメリカ…なんて言いたくはないな
貧しくとも 明日に希望を託し 必死で生きる道を
開拓してきた 在るべき姿のアメリカ
思わず そんな記憶に想いを馳せたくなったなぁ
gooooo

goooooの感想・評価

3.5
過去鑑賞。

昨日からクリントイーストウッドの映画が気になって検索ばかりしているわしです。
ブロンコビリー予告編観てたら観たことあったので記録
映画は、旅芸人一座のリーダーと裕福な女性が出会い、衝突を繰り返しながらも結ばれていくロマンティック・コメディで全米各地で西部ショーを開催する「ワイルド・ウエスト・ショー」のリーダー、ブロンコ・ビリーと愉快な仲間達のロードムービーになります。

かなり前にBS2のクリントイーストウッド特集で観たのであまり覚えていませんが?クリントイーストウッドとソンドラロックの2人の息のあった演技がとても良く面白かった印象が残っています。
サイコ〜!
わたしもカウガールになりたい( ;∀;)!
列車強盗のとこ笑った( ;∀;)
fkr

fkrの感想・評価

4.0
@CS/BS 面白い。なんだろう、鑑賞後のじんわりとした至福感が全てを持っていった。
-----------
自分用記録
①37-1  字幕
クリント・イーストウッド出演・監督作品。「ワイルド・ウエスト・ショー」の早打ちブランコ・ビリーの旅のロードムービーです。アントワネット・リリーに恋をするビリーの行動や表情が子供ぽくて純粋で好感がもてますね。女性から見ればかわいらしいクリントですよ。
小森

小森の感想・評価

-
自分のパブリックイメージを逆手に取った哀愁たっぷりのイーストウッド映画。良かった。
>|