エレファントの作品情報・感想・評価

「エレファント」に投稿された感想・評価

えび

えびの感想・評価

-
いつも通りの生活だったんだろうな。
登校して、友人と挨拶を交わして、休み時間をたわいない会話で過ごして。授業を受けて、校内で恋人と落ち合ったり。いつもの仲間とランチをとって吐きにいったり、周りと馴染めなくて図書館に行ったり。
同じ時間にいた子どもたちのそれぞれが映されていくのはとても緊張感があった。
クラシックの音楽に心乱されたのは本作がはじめて。
父親がアルコール依存症のジョンと体育で短パンを履くことができない文系少女のミシェルの2人がなぜか気になった。
すごく辛い映画。でも観てよかった。
yt

ytの感想・評価

4.7
ええ終わり方
sun

sunの感想・評価

-
淡々と静かな映像が続いて登場人物それぞれの目線で日常がうつされてて、どんな展開になるのかぜんぜん想像できなかったけど、急に、一瞬で、その日常が全部消えていく感じがすごく怖かった。怖くて寝れない😣
あらすじも何も知らずに見たので、最初よくある青春ドラマかと思って見ていたら驚いた。
日常の崩壊が予兆なしに起こるのがリアル
実際に起こった学校での銃乱射事件をベースにした作品。

「エレファント」は、ゲームの世界と映画の中の現実が重なるようなシーンや、犯人がいじめにあっていた事を観せてくる。これだけの残虐性の背景になにがあるのか、否が応でも考えさせるつくりになってる。

「私より彼の方が大事なの!?もっと私と時間を過ごしなさいよ!!」

こんな小さい事でモメているJK3人が、数分後には銃で狙われてるんだから、絶句してしまう……。

今後どこかで「エリーゼのために」や「月光」を聴いたとき、以前とは違った聴こえ方がしそう。
Kaka

Kakaの感想・評価

3.6
見終わった時にやばーって言ってしまう
魅せる映画だった
未来

未来の感想・評価

4.0
いろんなひとにおすすめされ、ずっと気になっていた作品。
キャッチコピーの
「キスも知らない17歳が銃の撃ち方は知っている。」
は正直的外れな気もした。
シャワー室のシーンは印象的だけど…
コロンバイン高校銃乱射事件ってマリリン・マンソンの印象が強かったけど、今回で完全にエリーゼのためにのイメージがついた。
あくまでフィクションだろうけど、空気感というか、みんな実際こんなテンションだったんだろうな〜って感じでした。
なぜタイトルが『エレファント』なのか、解釈を語り合ったらおもしろいかも。

"こんな嫌な めでたい日もない"

日本版予告編は
「未来は もろくて 眩しい。」と謳っていた。

"今日死ぬんだな"
"キスしたことないんだ"
ある一日の、ある出来事が起こるまでの、いろんな目線の過ごし方。
当たり前に続く日常も、きっかけ次第で崩れ去りかねない、もろいものだと思い知らされる。
もろた

もろたの感想・評価

3.7
終始、淡々と話が進んで行き、それが後半になればなるほど緊迫感を増して行く。

すごく面白い訳でもなく、為になる訳でもない。
でも観入ってしまい、胸が詰まる映画。
>|