ミリオンダラー・ベイビーの作品情報・感想・評価

ミリオンダラー・ベイビー2004年製作の映画)

MILLION DOLLAR BABY

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.8

「ミリオンダラー・ベイビー」に投稿された感想・評価

Yukko

Yukkoの感想・評価

3.7
素朴な女ボクサーをクリント翁が育てるセッション的な話かと思って見たら後半…本題こっちかーい!重いわ!前のめりで入り込んだわ!

ルール1、自分の身を守る。
ヒロ

ヒロの感想・評価

3.0
2018/03/05
クリント・イーストウッド凄すぎるの一言に尽きる
SSK

SSKの感想・評価

4.3
途中までは割とありきたりな感じで、
このまま終わったら普通かな〜って
思ってた矢先に急展開がありまして。

その後は心理的描写なども含めて
人間らしさ、リアリティが詰まっており、
いろんな感情を覚えながら見ました。
他ではあまり描かれないであろう、
リアルな描写というのが彼の作品の好きな所。
Grace

Graceの感想・評価

4.0
この映画ほど相反する二つの事象の表裏一体性を感じるものは無い。
傑作でありながらもう一度は見たくない。
絶望的なようで幸せに満ちているような。

起承転結の「転」が辛すぎて見始めたことを後悔しながら最後まで鑑賞。

モーガン・フリーマンの語り、それに納得するクリント・イーストウッド。

あのやり取りが大きな救いとなり
やっぱり鑑賞してよかったんだと。

あんな残酷なことがあったのに幸せに満ちている?

なぜなら一生ウェイトレスをしながら腐った家族と最悪の生活を送りながら天寿を全うする人生だったはずのマギーがボクサーとしてファンに喝采を浴びる日々を送れたんだ。

そして「モ クシュラ」の意味が分かり、ひとすじの涙が頬を伝う。
最高の人生だった。

クリント・イーストウッドの映画の中で一番嫌いな映画で一番心に残った映画。
そういう見方もあるはずだ。
tea

teaの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

「家族」「血」って見方によっては呪いだよなって思う。

本当にポジティブにもネガティヴにもなるよなと思った。



死んだように長く生きる事と
必死に生きて短く死ぬ事。

どちらが良い悪いとかではないけれど、
モーガンフリーマンの言葉でマギーの人生が肯定されて、最後のイーストウッドの言葉でマギーは愛を貰えた。
よく誰かが口にする薄っぺらな愛ではなかった。

ラストシーンは本当素晴らしかった。
イーストウッドの顔見てたら、自然と涙が出てきた。


孤独、繋がり、愛情、血、家族、生きる、死ぬ。
よご

よごの感想・評価

4.5
理不尽は突然やってくる
影の落とし方がよかった。
ちゃか

ちゃかの感想・評価

4.5
まさか、、って絶句した。
イーストウッドなんで普通にはいかないと思ってたけど、急降下過ぎて絶句。
でもこれも映画の良さやね。まさに人生そのもの。
心がフラットな時に観ましょう。
じゃが

じゃがの感想・評価

4.4
衝撃的な映画。たぶん、人生で観たなかでNo.1。
定番のサクセスストーリーからあのラストまでの急展開がごいすー
tori

toriの感想・評価

4.8
最初観たとき何と救いのない映画だろうと思った
見返すごとに「愛、尊厳、幸せとは何か」が詰まっていることを知る

だから何度も観れるのだろうが、見続ける自分の勇気にも感心する

モ・クシュラ You are my precious Baby

ボスの言いつけをまもり通したマギーだったが泣くなという約束は最後の最後に破ってしまった
>|