ミリオンダラー・ベイビーの作品情報・感想・評価

ミリオンダラー・ベイビー2004年製作の映画)

MILLION DOLLAR BABY

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.8

「ミリオンダラー・ベイビー」に投稿された感想・評価

り

りの感想・評価

4.0
相変わらずイーストウッド監督渋くてカッコイイ。やっぱり展開も重たいけれど、自分だったらどうしたか、と考えさせられる。
にゃん

にゃんの感想・評価

3.7
精神的にジリジリとやられた
なんか気に入らない終わり方だったなあ
なんてすごい映画なんでしょうね。
序盤は諦めないことや努力することが大切だと訴えていて
中盤は人との絆について触れ
終盤は人はいつか死ぬからどう生きるか考えさせられて
訴えたいメッセージが沢山詰まっている。
沢山あるけどそれがすごく自然に描かれていてすごく感動する映画だった。
浮浪者

浮浪者の感想・評価

3.5
レモンパイはただただ甘酸っぱい。甘く、かつ、酸っぱいのではなく、ただただ甘酸っぱい。形容詞を連結させることで何かを意味できた、と思い込んでしまう哀れな語彙しか持てない我々は、レモンパイの真の味覚を知れないでいる(と思いたい)。甘味な倫理と酸味な道徳がないまぜになった世界像を想定できないことに対し、レモンパイはひたすらに理念を提示し続けている。
たいと

たいとの感想・評価

4.7
老いたトレーナーフランキー、親友スクラップ、努力家のマギー、残念なデンジャー、神父

回収されない伏線が無いというか、無駄なシーンがない
中盤までの華やかなシーンから打って変わって中盤以降は栄枯盛衰を表現して終わることなくストロングなテーマを突きつけてくる

最後に最適な音楽が流れる
映画館で観た人はきっとエンドロールが終わるまで立ち上がれなかっただろうな
taka

takaの感想・評価

3.9
イーストウッド本人が出る作品はいい意味でイーストウッド臭がすごくて大好物だ
maaaaached

maaaaachedの感想・評価

3.8
イーストウッドは色んな作品で一貫して「贖罪」を主題として描いてる。
多くの場合は贖罪の結果として、何かを失いながらも何かを得るのだけど、
本作は失うという側面がだいぶ強め…
フランキーがそこまで深く償うべき人物とは思えないので救いがなくキツい。
さ

さの感想・評価

4.1
モ・クシュラの意味に泣いた
切ないし悲しいけどそれ以上にあったかい
>|