ミリオンダラー・ベイビーの作品情報・感想・評価

ミリオンダラー・ベイビー2004年製作の映画)

MILLION DOLLAR BABY

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ミリオンダラー・ベイビー」に投稿された感想・評価

CHまち

CHまちの感想・評価

3.9
《作品概要》
古いボクシングジムを営むフランキーは、自身のトレーナーになって欲しいと懇願する女性ボクサーのマギーと出会う。彼はマギーの願いを拒んだものの、彼の旧友で元ボクサーのエディの助言や、マギーの熱意に負け、次第に彼はマギーを指導し始める。そして練習を通じ、やがて2人の間には実の親子のような強い絆が芽生えていき……。

《感想》
“レモンパイ”が食べたくなる映画。(半分冗談で半分本気。笑)

本作はこんな冗談を言えるような軽い映画ではなくて、内容はかなり重いです。

前半は無名女性ボクサーが渋いおじ様トレーナーの指導を受けながら試合で成果を残して成り上がっていくサクセスストーリー的なお話なんですが、後半からは話が180度急変して一気に奈落の底へ突き落とされたかのような気持ちにさせられる内容になってます。

マギーとフランキーは共に家庭の問題を抱えていて、そのことが2人の絆をより強くする要素として描かれている。また、マギーの家庭での問題については気分が悪くなるような人の醜さや、汚い部分を露骨に表現していました。この辺の人間の内面描写はさすがクリント・イーストウッドといったところなんでしょうかね。

後味が良いとは言えない終わり方ですが、非常に心が揺さぶられ、余韻に浸れる作品ではありました。
syu

syuの感想・評価

3.5
親に楽をさせたあげたい。その一心で強いボクサーをめざす。そんな親に裏切られた彼女だが、ダンと出会えた事でタイトル戦まで登り詰める。最後の彼女に悔いはないはずだという言葉が印象的だった。
ユテシ

ユテシの感想・評価

5.0
みた!!これをみて、
ボディコンバット始めた私だよ
るま

るまの感想・評価

3.3
クリントイーストウッドの作品は、わたしの中で当たり外れがはっきりしている。これは苦手だった。。
AKIRA

AKIRAの感想・評価

5.0
貧しく生活してきた30歳を超えた女性アマチュアボクサー・マギーが老ボクシングトレーナー・フランキーのジムの門を叩く。初めは断られ続けたが元ボクサーの黒人のエディの助言もあり、フランキーの心が徐々にマギーに傾いてゆく。
---------
ボクサーの根性には毎度感動してしまう。
「人は痛みから逃げるがボクサーは自ら痛みを求める」という映画中のセリフが好きだ。
ボクシングの話だけでなく、絆・愛情のテーマが大事だった。
モ・クシュラという言葉がこの映画を表している。
ハートがあってからのタフさがなくてはいけない。

やりきる力と絆と尊厳死
まさかの『ベティ・ブルー』だった。
最後のモーガンフリーマンのモノローグがカッコよすぎる
これはもう…数日は落ち込む事を覚悟して見ないとダメ。
>|