シロクマ

レスラーのシロクマのネタバレレビュー・内容・結末

レスラー(2008年製作の映画)
5.0

このレビューはネタバレを含みます

娘には完全に愛想をつかされ、いい感じになったと思ったストリッパーの女性とは一線をひかれる。惣菜コーナーで客の細かな注文に応える仕事は性にあわず、発狂。リングの中でしか生きられない男、ランディ。そんな彼のことを待ちわびているファン達がいる。 『俺にとって痛いのは外の現実の方だ。もう誰もいない。(リングを指さし)ほら、あそこが俺の居場所だ。行くぜ。』歓声に包まれ、ガ ンズ&ローゼスの曲ともに入場するランディ。鳥肌ものである。『俺に辞めろという資格があるのはお前らファンだけだ』と言い放ち、ランディはいつ命を落とすかもわからない体でリングの上を飛んだ。

「家族も健康もかえりみず、己が一番己でいられる場所に立ち続けること」一種の男のロマンがつまりまくった映画である。ミッキーロークの全盛期を知らない、プロレスを通ってきてない自分であったが、大感激した。マイベストムービーの中に入る一本です。