芋けんぴ

レスラーの芋けんぴのネタバレレビュー・内容・結末

レスラー(2008年製作の映画)
4.2

このレビューはネタバレを含みます

二度と見たくない良作品の筆頭。主題歌含め、すべてが辛く、しかし観るものの心の奥底にロッキーとはまた違う静かな火を灯す映画。

これを横川シネマでほぼ貸し切り状態で見た僕は涙腺決壊。そのあと主題歌を聴きながら太田川の河川敷をうろうろしたものです。

すべては自分のせい。
だからこそ人生は辛い。

関係ないですが同監督のブラックスワンでラスト、ナタリーポートマンが飛んだときはさすがに笑いました。

いや、まさか飛んで終わらないよなと思ってニヤニヤしてたら、本当に飛ぶんですもの。元々レスラーとブラックスワンは一本の企画だったそうで(レスラーとバレエダンサーの話だったらしい)、最後に主人公が飛ぶという一点で交差するのは、まぁ無理からぬことなのでしょう。