ルッキー

レスラーのルッキーのレビュー・感想・評価

レスラー(2008年製作の映画)
4.2
かつての栄光は忘れられないけど、実際はボロボロの生活。
でも「俺にはこれしかない」っていう姿。
痛々しいけどカッコいい。
落ちぶれた男を淡々と描いた作品だけど、それが良い。

主演のミッキー・ロークと共に、ランディが思いを寄せるストリッパー役、マリサ・トメイの存在が欠かない。
やはり落ち目のストリッパー、シンディ。
ランディとの微妙な距離…
彼女の存在なしでは成り立たない作品。