おらんだ

ゾンビランドのおらんだのレビュー・感想・評価

ゾンビランド(2009年製作の映画)
3.4
人類の殆どがゾンビとなってしまった世界で、引きこもりの青年コロンバスは生き残る為のルールを決め、それに従うことで生き延びていた。故郷へ向かう旅の途中で出会った屈強な男タラハシー、強かな姉妹ウィチタ、リトルロックと共に彼はサバイバルの旅を続ける。

俗に言うところの「ゾンビ映画」とは一線を画する。ゾンビの恐怖に怯え、ただ只管逃げ回るでもなし、ゾンビ相手にゴリゴリのアクションを繰り広げるでもなし。とにかく、ゾンビ映画特有のジメジメした陰鬱な印象を受けない。終始コメディチックな感じ。

ゾンビ映画のあるある、定石を主人公がルール化して気を付けてしまうので、ゾンビ映画の定番となるシーンが殆どない。正確にはあるけれど、序盤で出尽くすので、少し新鮮。

エマ・ストーンが可愛い。「アメイジング・スパイダーマン」の時の方が良かったけど。今回はワイルドな感じがプラスされていて、これはこれで良し。

一番の見所はとあるスター(本人役で出演)の家での一連の流れ。WatchMojoでも散々ネタにされている、とあるシーンは必見。