ゾンビ/ディレクターズカット完全版の作品情報・感想・評価

「ゾンビ/ディレクターズカット完全版」に投稿された感想・評価

これを見ずしてゾンビは語れない!
ゾンビ映画の金字塔にしてロメロの最高傑作!

今も昔もこれからも変わらない、愛すべき映画。
なぜゾンビがいるのに血圧検査するの⁉

案の定、血圧はゼロに...!
ヒデ

ヒデの感想・評価

4.5
ゾンビ映画の祖と言われるこの作品を見ました。素晴らしく、最高なゾンビ映画でした。常に緊張感は保たれており楽しいシーンでも恐怖心はどこかにありました。そしてゾンビとの攻防は見ていてとても興味深く面白かったです。
Soso

Sosoの感想・評価

3.9
2時間以上に渡る濃厚なゾンビ映画
いままでコメディー色の強いゾンビ映画しかみたことなく、本作のような逃げたり籠城したりする薄っすら暗い目の正統派ゾンビ映画は初めてです

ゾンビが蔓延して壊滅していく世界で、人間はどうなってしまうのか、どのように生きるのか
ゾンビ映画ですがいたって真面目でメッセージ性のある作品になっていました

少し古めの映画なので彩度が暗めだったり、音がこもって聞こえたりしますが、それが逆にゾンビ映画としての雰囲気を高めてくれます

警官のふたり大好きですわ〜
女の人もっと働いてよ笑
魅力的な人物たちのやりとりもいい感じです
oVERSON

oVERSONの感想・評価

5.0
これぞ最も偉大なゾンビ映画。
まくら

まくらの感想・評価

5.0
ちょーおもしろい
全てのゾンビ映画の原点がここにある。

時代的に映像はチープながらそれがより怖さを醸し出している。
ショッピングセンターのシーンが大半を占めるが閉塞感を感じさせない。むしろ籠城する主人公たちに悲壮感はさほどなくむしろ楽しんでいるという。
ゾンビの動きがかなりノロいので最近のハイスピード系に比べるとやや緊張感は削がれるが、それも味。メーキャップとかほぼ普通の人間だけど、個々のゾンビの個性が立っていて、どことなくユーモラスなのもよい。
全編通して流れるBGMも秀逸。
ゾンビはこれでなきゃ!
走る泳ぐゾンビはゾンビじゃない!

ゾンビより人間の方がよっぽど怖い
ゾンビ映画の代名詞ともされる名作。
モンスターパニック的なものをイメージしていましたが、どちらかというと法も常識も通用しない極限状況に陥ったとき人はどうなるのか?というソリッドシチュエーション的作品。

単なるゴア的なゾンビ作品が多い中、暗いだけの作品にならないようユーモアが詰められていたり、ワクワクする描写もありで前述した社会性もありつつ、エンタメ的にも楽しめる。
個人的に笑えたのは血圧測定機にハマったままの腕がゼロの値を示すところ、そりゃそうだけどもw
あと棒立ちのゾンビがエスカレーターで運ばれるシーンも滑稽で好き

それと、食肉描写は思っていたよりも稚拙というか時代的な古臭さがあって所謂リアルすぎてキモちわるいにもなってないし、血が大げさで品がない描写にもなっていない良い塩梅のゴア表現なので見ていて疲れなかった

そこそこでも良いから耐性があればさらっと見れちゃいますよ
血圧ゼロ!!!笑
>|