ゾンビ/ディレクターズカット完全版/米国劇場公開版の作品情報・感想・評価

「ゾンビ/ディレクターズカット完全版/米国劇場公開版」に投稿された感想・評価

ここから全てが始まったのね
テンポの良さとグロさと、ゾンビというものをここまで広めた今作は流石といえますり。

スタートのもしかして途中から録画したと思わせるほどの展開は驚きです。そこからどんどん引き込んでしまいます。

そして、デパートの展開はゾンビを根底にして冒険感や探検感を楽しめます。日常の一部をゾンビがいることによってそうしてるのが想像力を引き立てます。

今作がゾンビ映画の元祖と言われる理由が分かります。
テキニ

テキニの感想・評価

3.0
ロジャー途中からキャラ変した?
ゾンビ走らんし素通りできちゃってる笑

ショッピングセンター楽しそ

🤰タバコ吸うなよ
度★★★★★
顔夕

顔夕の感想・評価

3.6
想像してたよりも楽しい感じの映画やった。
ショッピングモールで好き勝手やるの楽しそう。
最初のほうに出てきた子供のゾンビがかわいかったw
TICTACz

TICTACzの感想・評価

-
there’s no room in hellで『回路』思い出した。1作目の方が厚みがあって俄然好き。楽しい路線に走ったからこっちの方がポップカルチャーになったんだな。
ショッピングモールへと逃走してきた男女グループが、ゾンビの脅威を切り抜けるべく、当てのないサバイバルを展開する。動く死体「ゾンビ」を決定付けて、後の映画やゲームに多大なる影響を与えた、記念碑的作品。

ロメロ監督のゾンビ作品は、内容に風刺性をもたせて「ゾンビと人間、本当に醜いのはどっち?」を提起することで有名。本作では物質社会が題材に取られており、本能によりショッピングモールへと集まってくるゾンビが描かれている。(ちなみに私は北海道胆振東部地震の発生時に、本作のゾンビの立場を体験している)

呆けたゾンビは店内をうろつくだけなのだが、生存者たちは暴力(銃器による殺害行為)に頼って能動的な略奪行為に走る。この倒錯状態が最大の醍醐味であり、「現状を楽しまないとやっていけない!」というエピクロスの快楽主義的感覚を堪能することができる。

ゾンビ役の演者のなりきり度合いが素晴らしく、「生前に何をやっていた人なのか」を自分勝手に想像するのが楽しい。実世界において「もしも、自分の周囲にいる人間たちがゾンビだったら」という妄想を抱かせるきっかけを作った功績(功罪)も大きい。
2MO

2MOの感想・評価

-
牧歌的なショッピングセンターの館内BGMと一緒に、この映画が描く終末世界こそが、恐怖としてではなく、安らぎのヴィジョンとして脳裏に焼きついている。
また、人間の愚かさを皮肉るメタファーとしての“生きる屍”の本義もここにある。

ゾンビは醜く哀れであるが邪悪な人間よりはマシである。という妄言の拠り所にも。

いつも無意識のうちに立ち返る映画思索の原点なのだ。
フォロワーさんがゾンビLOVEな方が多いので、あまりにも有名な本作を鑑賞。

バージョンいくつかあるんですね。

まず、ゾンビの顔色🧟‍♀️
そして、おそろしくチープな感じと奇妙な音楽。昔の映画あるあるの妊婦タバコやめろ問題。

冒頭、観ていて質問があるのですが、これってまさかの続編ですか?
ボクがスッとぼけているのか、キングクリムゾンが発動したのか、途中まで続編なんじゃないかと思わせるところがいくつもあったので不安になりまして…-_-b

暴走族の乱入はどう考えてもいらない派なのですが、間違いないことは、ショッピングモール占拠できたら毎日がヒャッホーなこと・:*+.\(( °ω° ))/.:+

全てを観た上でゾンビ映画に詳しくないボクが思うこと。

ゾンビって言葉がこの映画がきっかけで生まれていたら?
ゾンビ🧟‍♂️の顔色の悪さがこの映画がきっかけで広まっていたら?
ゾンビの歩き方や歩行スピードがこの映画がきっかけで一般化していたら?

1つ当てはまるごとに0.3ポイント評価が上がります。
あー

あーの感想・評価

4.0
カーゴが気になりつつ、ゾンビものを
あんまり観て来なかったので、
keeper7 様におススメいただいたまずは年代順にこちらを鑑賞‼️

やっぱり、いつゾンビに襲われてもいいように狩猟免許はいる気がする、、、。
(漫画の山賊ダイアリーが好きデス。)

そして、大型ショッピングモールの近くに
住むのだ。

冷静に計画を立てて、実行できたら

衣食住にアミューズメントもついてくる。
お洒落し放題、食べ放題、遊び放題。

冷静に計画を立てて、実行しても邪魔するヤツは出てくる。

そんな時でも、慌てるな。

怒りに我を忘れると、命を落とすぞ。

自分で守ろう。
自分の命。

ディレクターズカット版。

せめて妊婦ちゃんの喫煙シーンは
カットしてくれ〜(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

1978年。

おおらか(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
全米各地で突如死体がよみがえり3週間、急速に数を増やし社会に混乱が広がっていた。

ショッピングモールでゾンビとバトル、ワクワクしますね~🧟‍♂️
中のもの使い放題でダクトがあってトラックもあって..
自分だったらこうする、みたいなことを想像するのが楽しい娯楽映画です。
ちょいちょい挟まるユーモアもいい味出してます。

後に色んなリスペクト作品が生まれる映画ってやっぱり初代が面白いんですよね。
ゾンビも例に漏れていませんでした。
>|