イチロヲ

ポルノギャンブル喜劇 大穴中穴へその穴のイチロヲのレビュー・感想・評価

3.5
日本一の興行主に憧れている男(山城新伍)が、一攫千金を実現させるべく、ありとあらゆるギャンブルに着手する。70年代初頭、量産体制下の東映が展開させていた、山城新伍主演の喜劇シリーズ。

山城新伍と谷村昌彦が凸凹コンビとなり、無鉄砲なペテンを繰り広げていく。「大物を目指している山師の男が粉骨砕身する→意味深なヒロインに恋慕する→影響力が大きくなり暴力団と衝突する→どんでん返しで最初に戻る」という紋切り型に則している。

女子プロレス、売春宿、競艇、子豚レースなど、撮影当時の風俗が収められているのが面白い。とりわけ、山城新伍が女子プロレスラー(初期全女のスター選手)の技を受けていくオープニング・クレジットに資料的価値が収められている。

端役では、尼寺でハーレム暮らしをする元僧侶(小池朝雄)、その敵対相手となる女博徒(賀川雪絵)、主人公が恋慕することになるヒロイン(司美智子)が、個性豊かな存在感を放っている。丁々発止のやり取りで牽引していく、70年代プログラム・ピクチャーを堪能することが可能。