アンジー

ランボー/怒りの脱出のアンジーのレビュー・感想・評価

ランボー/怒りの脱出(1985年製作の映画)
3.8
映画の1ジャンルの潮流を変えるという点において80年代のスタローンは最強だ。『ロッキー』ではボクシングをアクションの領域まで押し上げ、1人対軍隊を映画の中で現実にし、戦争シーンで、ナイフと弓という超地味な武器を最強のアイテムに昇華させた。本来、隠密行動であるべき救出劇をド派手なやり返しを盛り込んだ事も画期的。ランボーシリーズを抜きにして『ダイハード』は生まれ得なかったと実感する。現在では本作は、ネタ的な取り扱いになっているのが、リアルタイムで観た世代には少し悲しい。