ランボー/怒りの脱出の作品情報・感想・評価・動画配信

ランボー/怒りの脱出1985年製作の映画)

RAMBO: FIRST BLOOD PART II

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

3.5

「ランボー/怒りの脱出」に投稿された感想・評価

初作から続いて鑑賞

ランボーの目に生気がない
正にドン底の心境なのかな
それがまた迫力

脚本にJCも加わってるのか・・
MAH

MAHの感想・評価

3.1
ちまちまやってきたのにヘリコプターですべて無しにしちまいやがった!
ランボー切れたら街吹っ飛ぶなw

ジャングルの移動シーンとか何カットも撮影してるのに、最後はボカーン、ドカーン!まさに怒りの脱出でした
ゆうや

ゆうやの感想・評価

3.8
前作に続いての流れで物語が進んでいく。今回はランボーがベトナムに行って捕虜を救出しに行くストーリー。ゲリラ戦の天才ランボーのジャングルでの戦いには息を飲むばかりだ。擬態しながら敵を1人1人確実に仕留めていく戦い方にプロフェッショナルさを感じる。ランボーの絶対絶命の困難をくぐり抜けていく姿に心が熱くなる。それとレビューを書く直前で気づいたのだが脚本は「ターミネーター」シリーズ「タイタニック」「アバター」でお馴染みのジェームズキャメロンと主演のシルヴェスタスタローンで「マジか!」ってなった。最高かよ。今回も爆破、乱射、の連続で迫力が増した作品になっていているのでぜひ観てみてほしい。
ちゃい

ちゃいの感想・評価

3.3
2020年213本目

このレビューはネタバレを含みます

重いテーマ性を内包したアクションからドンパチ娯楽アクションへ。当初シリーズに持っていたイメージと求めていたものは1より本作。スタスタローンのやってるモノマネや、世間一般のランボーのイメージも本作だと思う。
相変わらず無口だが、1ほどの重い暗さはなく2の方が好き。
ホークアイも真っ青なやべえ弓を使い「殺さない」というリミッターも外れ、お得意のジャングル無双もより爽快。
真の悪に啖呵を切るシーンは映画屈指のカタルシス。とはいえ全くテーマのないアクションではなく、最後の会話で前作からのテーマが垣間見えたのは嬉しかった。前作ありきだけど作中のテーマを語るのはこれくらいの長さがちょうど良い。
あにお

あにおの感想・評価

3.8
“Expendable”って単語ここで出てたのか…20年目の発見。

昔は何も思わずに観てたけど、いくらベトナムだからって軍の駐屯地の建物ぜんぶ竹と草で組んであるとかあまりにひどいステレオタイプだよね??いっちょまえの軍服と銃器使っといて建物は100%天然成分って…。よく燃えてよく吹っ飛ぶので画の迫力にはかなり貢献してるけど。

レフティのコンパウンドボウ。これが『ホットショット2』や『グレムリン2』を生み出したわけだ。
そして弟のフランク・スタローンが主題歌を歌っている点は『アルマゲドン』の主題歌・キャスト親子共演とは違って全く注目されないという
ランボーの有名な台詞
「俺の望みは彼らの望みですー
俺らが国を愛したと同様に国からも愛されることです。」
この台詞は消耗品として扱われた事に対してと帰還兵に対しての扱いへの怒りだよなぁとか考えさせられる。
助けたのもランボー自身を助けてる事にも繋がってる気がしたのでした。

ゲリラ戦の所はめちゃかっこいいし観てておもしろかった。
大佐は1のあといろいろ考えては居てくれたのだなってのも作戦中も案じてたのはよかったなぁ~
メタルギアっぽいなぁ(フフフ)

ジュリア・ニクソンめちゃキレイでスタローンよりもかっこよかった(えっ)
本編中ほぼダメージをくらってないし、敵を容赦なく倒しまくるので気持ちがいい。一作目の悲しい物語からアクション特化の二作目への方向転換すごい。
ランボーは怒らせないほうがよい。
お家で映画鑑賞🎵

閉鎮的な田舎町で警察を相手に激闘を繰り広げたベトナム帰還兵ランボーは刑務所に服役していた。そんな彼が、ベトナムで行方不明になった兵士の調査という特別任務に就くことを条件に釈放される~🐽💨ランボーシリーズの中でもやっぱこれが一番面白いよね~スタローンアクションの真骨頂👊👊👊👊👊
.
golmiya

golmiyaの感想・評価

3.4
過去鑑賞 
>|