ランボー/怒りの脱出の作品情報・感想・評価・動画配信

「ランボー/怒りの脱出」に投稿された感想・評価

LOST

LOSTの感想・評価

3.4
服役中のランボーは特命を受け、ベトナムでの行方不明兵調査に行く
敵兵との交戦は避けるよう言われるも、行方不明者を発見し救出する
しかし、司令官の裏切りに遭い、ジャングルに取り残される…

前作より重い話は少なめだった

今回はランボーが本領発揮しててめちゃくちゃ強い笑
序盤に装備を失うけど何とかしちゃうしね
ジャングルの色んなとこから急に現れて敵を倒していくのが凄い笑
人間版プレデターだ😱

ヒロインあっという間でビックリした笑
実家のような安心感。アクション満載で楽しい
1のようなメッセージは薄いものの
しっかりとしてます
漫画的超人的活躍。
やし

やしの感想・評価

2.6
「俺は消耗品だ」


前作からの続きっぽい。
収容中のランボーに課せられたミッション、
『ベトナムで捕虜とされている兵士の写真を撮ってくる』

ランボーが戦場に行って写真撮ってくるだけ、な訳ないよね(苦)
なんなら写真一枚も撮ってません。。

そしてタンクトップ姿で密林をウロウロ。
密林ナメとんのかとトラウトマン大佐に怒られるぞ。

でも、前作に続いてランボーはホント不憫。。
必要とされているように見えて、実は…ってやつ。
そこで出る「俺は消耗品だ」
(エクスペンダブルズの由来?)

だからランボーと大佐の、"言葉は交わさずとも…"な関係性は救いだし、今回はわずかながらも女性とのロマンスもあって…、
良かったねランボー。

で、今回のランボーが激オコしてランボーランボーする理由がマードック司令官。
まー、腹立つキャラだが、気になったのは前作の保安官に立ち位置だけでなく、顔立ちまで似てること。
最初同一人物かと思ったよ。。


当時、アクション=マッスル全盛でスタローンもブイブイ言わせてた頃だよね。
そんな時代だけに爆破もしまくりだけど、まさか脚本にジェームズ・キャメロンが関わっていたとは。

あれ?ヒクソン・グレイシーさん?
あれれ?山下真司さん??


最後に一句。

ヘリの降下
いきなり引っ掛かる
ドジランボー
(字余りまくり)
e

eの感想・評価

3.5
ランボーたそ、一作目よりふわふわの髪型でかわいい。スタローン、クリードの老ロッキー役で見たばかりだったからまだ薄い瞼も濃い睫毛もとてもかわいかった。右目のほうが微妙に垂れ目?
ヒロインもヘーゼルグリーンのアーモンドアイで、ナイフのような目尻の女性で美しかった。おもしろかったけど、アメリカ軍が茅葺き屋根みたいな建物を景気よく爆破するさまは見ていてあまり気持ちいいものでは無いなぁ。

このレビューはネタバレを含みます

ランボーさいこう😄
シルベスタ・スタローンかっけぇわ
肉体もそうだけど雰囲気も只者じゃない感じが好き。
ヒロインが小島瑠璃子に似てる笑
やっと居場所を見つけたかと思った矢先に無情にも一瞬でやられてしまうヒロイン
ブチ切れランボーは大自然と一体化して逆襲する
おもしろかった
前作に比べて派手にぶちかましたなあ。面白いからいいけど。
ランボーのパブリックイメージはこの作品からだろう。深いテーマを持った前作とは違って戦争アクションに振り切った作品だ。批評家の評価は低い作品だが、ご都合主義のストーリー、類型的なキャラクター、現実離れした爆破シーンなど批判点が逆に何も考えずに楽しめる作品としての魅力に繋がっている。筋肉を見せびらかしながらM60を連射するランボーの姿にはリアリティは感じられないがそのおかげで単純に破壊のカタルシスに酔わせてくれる。またサバイバルナイフや弓矢などのアイテムもヒーローとしてのランボーを印象づけてくれる。ヒーローが観客の期待通りの活躍を見せる大衆エンタメ映画として正しい作品だと思った。
Shun

Shunの感想・評価

3.3
我々が国を愛するように、我々も国から愛される事が望みです…
>|