ゴジラ FINAL WARSの作品情報・感想・評価・動画配信

「ゴジラ FINAL WARS」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

2004年日本映画。

《北村龍平祭り第6弾》
○ゴジラシリーズの第28作であり、ゴジラ生誕50周年作品。当時はタイトル通りゴジラシリーズの最終作として公開。
1999年の『ゴジラ2000 ミレニアム』以降に公開されたゴジラシリーズ(通称ミレニアムシリーズ)が興行的に行き詰まってきたこともあり、それまでのシリーズを一新し、集大成となる最高の作品としてシリーズを締めくくるべく企画された。
(ウィキペディアより)

○そこで抜擢されたのが当時アクション描写に定評があった我らが北村龍平監督。
○製作費20億円!歴代ゴジラ映画史上破格。

【で、出来栄えはどうだったかというと】
🔵まずは個人的感想から✨
・これはゴジラ映画ではないですね〜。北村龍平が莫大な予算を使って作った日曜の朝によくやってる戦隊物ですね😁
・「スーパー戦隊ゴジレンジャー」です👍
・私は嫌いじゃないですよ〜。いつも通りのアクションが観れるし…🤣でも今回はさすがに微妙かな〜💦
🔵もうちょい掘り下げてみましょう🤔  
・まずストーリーはこの際どうでもいいです😂
有って無いようなものです😁
・地球防衛軍のM機関(人間より優れた肉体を持つミュータントで構成)、これが何ともダサいっす!やっぱり戦隊ものだよね!😁
・ゴジラ登場シーンが少ない!最初に少し登場の後は物語の大半をミュータントと宇宙人のバトルが続きます!ゴジラどこ行った〜!
・ストーリーがもたつくと、やたら水野真紀と菊川玲の足🦵見せで場を繋ぐ!(まぁ、これは男目線なら良いところでもありますが😅)
🔵そしてこれが一番気持ちが乗れなかったことですが…。
・ゴジラと怪獣が格闘アクションやってるし😱
受け身とか技を繰り出したら、やっぱりそれは人間でモンスターじゃないよ〜💦
・もちろん着ぐるみなのは分かってますが、それでもモンスター感をしっかり出す工夫が欲しかった!
・あれでは戦ってるのはゴジラじゃなくて中にいる人間ですね😰(ゴジラのチャンバラアクションが無かったのが唯一の救いです😁)

【ではゴジラ映画らしいところはと言うと】
🔴今までのゴジラシリーズのオマージュ!
〔オールスターキャスト〕
・初代ゴジラに登場した室田明。
・東宝特撮映画に多く出演した水野久美。過去のゴジラ作品に出た時と同じ名前で登場。
・ゴジラシリーズに出たことがある、佐原健二、伊武雅刀、中尾彬などなど。
〔怪獣も総出演!〕 
・ガイガン、ジラ(ローランド・エメリッヒ監督のハリウッド版ゴジラ)、モスラ、クモンガ、カマキラス、ラドン、アンギラス、ヘドラ、エビラなどなど。
🔴ゴジラ無双が観れる!
・出てくる怪獣を圧倒的強さで秒殺、瞬殺!強いぜゴジラ❗

【まとめ】
●これは北村龍平による北村龍平のための映画であってゴジラファンのための映画ではないよね!やっぱり…💦
・日本を代表するモンスター、ゴジラのラストの作品。普通ならゴジラファンに最大に忖度する所ですが、そんなことはお構い無し!自分のやりたい事をやりましたって感じ👍
・誰も彼を止められなかった!まさに北村龍平無双!さすが我らが北村龍平監督👏
・ちなみに監督、ちゃっかりカメオ出演してます😁
●荒唐無稽に思いっきり振り切ったぶっ飛んだ作品!これは間違いなく北村龍平の代表作だ❗✌️🤣😂
●製作費20億円→興行収入12.6億円
「赤字か〜い!😝」

北村龍平祭り、まだやりますよ〜👍
次は「ラブデス」です😁
世間的にも皆さんのレビューも厳しいですが、私はゴジラ映画というか、東宝特撮のある種の終わりを意味する映画だったと思います。

だからこそ東宝特撮のあらゆる作品から名前や乗り物が登場します。

そこにこれまでにない新要素、アクションが入り、これまでにない特撮映画になっています。

ゴジラのプロレスは昭和後半シリーズの流れですし、X星人も地球防衛軍からの流れ。

50年の集大成ですので、これはこれで良かったと思います。

お祭り映画なので、楽しいのが一番です。

結局、ゴジラは1954年のゴジラがベストで、それを超えることは不可能です
Kei

Keiの感想・評価

2.0


ゴジラ映画としてはゴミカス。

ただ、今回35mmで見直して、日本映画の中では今見てもかなりのアクション。
バイクシーンなども、目的も謎だが、悪くはない。

音もサラウンドジャンキーにとっては劇場で是非観てほしいレベルでガンガン鳴る。
ヒロト

ヒロトの感想・評価

4.0
西暦20XX年。世界中で核実験や戦争が頻発した結果、眠っていた怪獣たちが目覚め、人類に牙を剥いた。これに対抗するため、国連は地球防衛軍を結成すると同時に、一般の人類より優れた能力を持つミュータントたちによる部隊「M機関」を組織した。人類の最大の敵こそ、1954年以降世界を恐怖に陥れた怪獣王・ゴジラであったが、南極で交戦した轟天号によってゴジラは氷塊の中へ封じ込められた。

それから20年後、地球防衛軍の最新鋭艦である新・轟天号は、ノルマンディー沖の海底にてマンダを撃退するが、艦の損傷は激しく、艦長のダグラス・ゴードン大佐はこの一件で本部より軍法会議に処せられてしまう。その後、M機関の隊員である尾崎真一は、国連から派遣された科学者・音無美雪の護衛として、北海道沖にて発見された怪獣のミイラの調査に向かう。

その頃、日本人初の国連事務総長である醍醐の乗った飛行機が消息を絶ち、それを契機として世界中に大量の怪獣が同時に出現した。苦戦する地球防衛軍の前で突如怪獣が消滅し、巨大なUFOが東京上空に出現する。中からは醍醐が姿を現し、X星人と名乗る宇宙人に救出されたと話した。X星人は地球に妖星ゴラスが迫っていると危機を呼びかけ、友好の証として怪獣を消滅させたのだという。これにより、世界はX星人との友好ムード一色となる。

しかし、X星人の友好的態度に疑問を持った尾崎と美雪は、幽閉中であったゴードン大佐を味方に引き入れ、美雪の姉・杏奈が司会を務めるテレビ番組において、友好の裏で地球の乗っ取りを進めるX星人の企みを看破する。焦りを見せたX星人の司令官を参謀が射殺して自らが新たな統制官となり、地球人を家畜呼ばわりして地球の武力制圧を宣言する。また、X星人によって消滅を偽装されていた怪獣たちが再び姿を現し、都市を蹂躙して地球防衛軍の空中戦艦をことごとく沈めていく。さらにミイラと化していた怪獣ガイガンまでもが復活し、地球は崩壊の危機を迎える。

ゴードンは尾崎らを引き連れ、地球防衛軍の地下ドックにある新・轟天号に乗り込む。南極の氷塊からX星人も予想していなかったゴジラを復活させようという賭けは、下手をすれば自分たちに牙を剥きかねない危険なものであったが、新・轟天号は発進した。かくして、最終作戦「オペレーション・ファイナルウォーズ」が発動される。(Wiki参照)

当時はちょっと前に公開してたハム太郎とゴジラの映画を観て、その影響があって
ただ観た映画でした。
改めて見てみると、アクションシーンとかかっこよくて、マトリックスやジェット・リーみたいなアクションが好きならいけるかもしれない。艦長の吹き替えの声もモーフィアスの人だし、船も似てるので
スーツアクターの人の動きも良かった!ガイガンの決めポーズとかかっこいいし、ゴジラ野球やるわ、サッカーのゴールキーパーやるわ、ハンマー投げやるわで、流石怪獣の王運動神経抜群です笑
演出もゴジラが建物が粉々になって地面に埋れてるところを踏んで、地面を凹ませる所やゴジラが海面を潜って波を立たせる所リアルで迫力もんでした!
出演者に当時はなんも知らないで見てた艦長が格闘ファンなら誰もが知る、ドン・フライや船木さん、角田さんとか出てて個人的にテンションが上がった。
内容はアクション多めで深い内容がないので逆に歴代の作品を観てない人でも見やすいのかなって思いました。
北村一輝扮するX星人の統制官がハリウッド版ゴジラに似たジラにやっぱりマグロ食ってるようなのはダメだなって言ったセリフが皮肉った感じで個人的にお気に入りですね!挿入歌で流れる最近よく聴いてるWE'RE ALL TO BLAME」 Sum 41が上がりますね!
内容はわからなくても子供は沢山怪獣が出て来たら嬉しいと思うし、親は親で見たことある怪獣が出て来て、懐かしいと思うし、最後はほっこりするファミリー向けの映画でした。
#怪獣すげ〜いるわ状態
ゴジラ生誕50周年記念作にして、ミレニアムシリーズ最終作。
ストーリーは近未来を舞台としており、新人類が登場するなどSF色が強めです。

本作の特徴は生身の人間によるアクションシーンですが、他の方もおっしゃるようにその尺が非常に長い。全編を通して生身同士の殴る蹴るの格闘アクションが繰り広げられます。

しかも長いだけならまだしも、ゴジラの戦いと人間達の戦いにおけるドラマがほとんど合流しないため、もはや怪獣要素のあるアクション映画になっています。

X星人の侵略により危機に陥った人類が地球最強の兵器であるゴジラを目覚めさせるというアプローチ自体は素晴らしかったので、そこを活かした展開が見たかったです。
nono1988

nono1988の感想・評価

2.5
全体的に変なテンションで、笑っちゃうけど面白くはない。
ドン・フライが主役。
ドン・フライだけで+1。
「一つは俺」は名言。
ヘドラは一瞬でした!!
ミレニアムシリーズの悪いとこが強調されたような映画やったな…でも、怪獣いっぱい出てきて闘うところは良き💪💪✨
酷評されてる節があるファイナルウォーズ
ゴジラシリーズを1作も見てない頃から
なんとなくファイナルなのに…と聞いた覚えがあるほど


実際、まぁ残念なところも多々あるよなとは思う
怪獣映画としては人間のアクションが多すぎるし
俳優陣の演技やポージングがいちいち力入りすぎてて、設定が浮ついてみえるし
せっかくの怪獣大集合なのに、見せ場なしな奴が大半だし

まぁひどいっちゃあひどい
ただ自らファイナルを冠し、ゴジラの歴史を背負うくらいのシリーズ愛はあるように思うし
てんこ盛りの設定や世界各地に怪獣が多発登場する内容が

すでにこの作品でオマージュな可能性もあるけど
アニゴジやキングオブモンスターズにも引き継がれていて

もっと制作に力があれば、出来も評価も違う作品だったような気がする
>|