グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちのネタバレレビュー・内容・結末

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち1997年製作の映画)

GOOD WILL HUNTING

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」に投稿されたネタバレ・内容・結末

好きな映画ランキング1位に躍り出た作品。シーンやセリフがどこを取っても美しくてわかりやすい。個人的に心に残っているのは、公園でショーンがウィルに話すシーンと"It's not your falut."のシーン。
「完璧」の美しさが失われることを恐れ、常にスタートラインで人生を俯瞰していたウィルが、やっと自分の人生を歩み出す。生きていれば苦味や痛みを経験するけど、その分甘味はより深く体に染み渡って、愛情の深さに繋がるのかな。そういう面でショーンはとても愛情深い立派なおとな。苦味や痛みの感覚を麻痺させないことが、いい意味での若さからの脱却なのかな?いまの21歳の自分にとっては、1番大事な映画です。
今は亡きロビンウィリアムズの名作。
心を閉ざした天才青年、その氷をゆっくり優しく溶かしていく教授。疲れた時に、傷ついた時に観たい作品。
人生で見た映画の中で1番良い、と思ったのだけど、内容を思い出せない。
友達が迎えに来ていなくなってる場面で大泣きしたのは確か。その前の、みんなが欲しいと思ってる宝くじをお前は持ってる、だから頑張れ、みたいな彼のセリフから泣けてきてた。自分もうらやましいだろうに、それで背中を押せるってなんて素晴らしいこと。
自分のせいじゃないって一気にあふれ出したとこも泣いたなーロビンウィリアムスのいいこと!思い出して来たらやっぱりものすごい映画だなと思い返してきた。
これ見るまでマットデイモンて全然興味なかったけど、ハーバード?出てるのね。なんかこの映画で色々すごいなと思って、もっと彼の映画見てみたくなった。
本当に傑作中の最高傑作。
この2人。
いやー本当に素晴らしい。
ロビン・ウィリアムズ演じる心理学者ショーンが、本当にハマり役。
様々な生活環境や、精神状態を踏まえながらウィルをセラピーし、最後の2人のシーンは本当にバスタオルが必要でした。😭😭😭
ベン・アフレックとの二人の関係も本当に素敵で、最後のシーンなんて😭😭😭
涙、なしでは観られない最高の作品です。
ネタバレってほどのネタバレではない。

よかったー、先生死ななくて!!
こういう年の差のある、友情モノってラストでどっちか死んじゃうじゃない。
冒頭に名前が出てきた、インドの数学者・ラマヌジャンもそうだし。
(『奇跡がくれた数式』という映画にもなってて、こちらもすごく好き)

恐れをひとつひとつ、越えて前に進む様子がよくて、本編ていうかエンドロールでポロポロと涙でてきた。
ふとした出会いが、影響しあっていい方向に向かってくお話はいいな。
昔も観たことあるけど、観賞。
観てから時間が経過してるので、ずれてるかも。
愛とか恋とか関係なく、人が動こうって思うようになるのは、自分を大切にしてくれる人の気持ちを感じるかどうか、なんですかねぇ。。。
自分の理解者がいてくれるって、安心しますね。
久々に最高な作品に出会えました。

ウィルを囲む全ての人が素敵すぎて。。

ウィルと友人たち、ウィルと恋人、ウィルとショーン、ウィルとジェリー。。

愛を知らない、なんて言ってたけれど、ウィルは十分愛されていて、十二分に幸せ。

道の選び方を知らなかっただけ。


ショーンとジェリーの関係もまた素敵だったな。

あの歳で喧嘩しあえる関係性って、素晴らしい。


心が痛くて心がむず痒くて、心が温まる幸せな作品。


そして、名言パラダイス。

その中でも
good luck son.
これが至高。




何度もなんどもきっと見直すことになる映画の1つになるだろう、と確信した作品。
"good luck son" にやられた。

親友が良い〜〜
完璧な人間などいない。自分にとって完璧であればいいんだ
心に残るセリフが多かった
天才的な頭脳をもちながら孤児で不遇の暮らしの中で成長し非行に走る青年ウィル・ハンティング。
彼にとっては難しい数学の問題も朝飯前で、世の中に活かそうだなんて考えていなかった。その才能に気がついた大学教授は更生させるために精神分析医ショーンに預ける。分析、解読の仕事を勧められ、期待に応える生き方に反発するウィル。それはショーンも同じだった。そんなショーンに徐々に心を開いていき、強い友情となっていく。
ショーンの「どんな問題にも質問にも答えられる君も「君は何をしたいのか」という簡単な問いに答えられない」というくだりには自分もハッとなる。
>|