グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちのネタバレレビュー・内容・結末

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち1997年製作の映画)

GOOD WILL HUNTING

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」に投稿されたネタバレ・内容・結末

長文で感想書こうとしたけど無理やった笑
一つ書くとしたら、ショーンがウィルに対して幸運を祈るよって言うシーンが好き。
ライ麦畑でつかまえてを思い出した。
ホールデンに比べてウィルは本当に大人になったんやなあって。
真っ直ぐに生きる方法を見出だせなかった青年が自らの人生に漕ぎ出すまでの物語。これをマッド・デイモンとベン・アフレックが学生時代に書いたっていうのが凄いなあ。

マッド・デイモン演じるウィル・ハンティングの青臭い閉塞感が本当に印象深い。天才的な能力を持ちながらも過去のトラウマを振り切れず、他人を突き放すことでしか自分を守れない姿に切なくなる。同じく心に傷を抱えたショーンがウィルとの交流を重ねていって、ただ一つ「赦し」を与えることで閉ざされた彼の心を開いたのが本当に好き。ショーンもウィルとの関わりを経て前向きに生きる道を見出だせるようになったのがグッと来る。

ウィルとの愛を育んだ恋人のスカイラー、ウィルの将来を案じる親友のチャッキーなど脇役も実に良い味を出していた。特に終盤のチャッキーの役どころは素晴らしい。ショーンとの交流は勿論だけど、彼らの存在もウィルを支えて成長させたのだと思うと感慨深い気持ちになる。
名作。
才能溢れたウィルを、このまま埋もれさせたくないと奮闘してる教授とかカウンセラーのもう少し待ってやれってどちらも、彼のことを思ってのことだったし、異なる立場から、両者の主張を聞けてよかった。どちらの主張にも分かると頷ける。
ウィルが、捨てられるのが怖くて、正面からぶつかっていけなかったっていうことがカウンセラーは理解していて、友達から関係を始めて最後、患者と医師の関係を超えたのが好き。心の底からなんでも打ち明けれるようになって、ウィルが一つの壁ウィル超えた瞬間が最高。

個人的には、もう少しラストに教授とウィルの話があってもいいんじゃないかなあって思った。後日談のような。
じわじわと胸に響く作品。
名言いっぱいで胸もいっぱい。

「もしも20年経っても、お前が同じ仕事をしていたらお前を殴ってやる。冗談で言ってるんじゃない。本当に殴ってやる。」
「一番のスリルは車を降りて、お前の家の玄関に行く10秒前。ノックしてもお前は出てこない。何の挨拶もなくお前は消えている。そうなればいい。」
親友のこの言葉からのあのラストがたまらない気持ちになる。
自分のやりたいこと、本当にしたいことってなんだろう…って考えさせられる。いい作品でした。簡単に言ってしまえば天才不良の更生なんだけど、自分と向き合う大切さを知る話だよね。
吹替版。
もっと小綺麗な話を予想してた。
ちょっとうるっときた。
こういう捻くれた天才が変わっていく物語っていいな。登場人物の細やかな台詞がラストの主人公のシーンに繋がるのはいいな。
人が死ぬわけでも、アクションがあるわけでもなく、人と話すだけでストーリーが進行するのに、すごくドラマチック。
主演も脚本もマット・デイモン!
この頃は無名だったらしい。
無名時代のマット・デイモンたベン・アフレックが脚本を書き、映画化した作品ち映画見終わった後に初めて知った…

ウィルの周りの人たちが兎に角、良い人ばかり。
ショーンのセリフの【欠点を受け入れて共有出来る相手を選ばなくちゃな】が好き。

⬇︎あらすじとネタバレ⬇︎

素行が悪いウィルは凄く頭がいい。
難しい数学の問題も簡単に証明し、答えを出す。

ウィルは喧嘩で逮捕され、数学教授のランボーのお陰で仮釈放。
条件として、数学教授の下で勉強することと、セラピーに通うこと。

ランボーの紹介で精神分析医のショーンと知り合う。
ショーンと関わることでウィルは心を開いていく。

ウィルの彼女が医者になる為にカリフォルニアに行く事に。
カリフォルニアへ付いてきて欲しいというが、ウィルは断る。

ウィルの才能に気づいた大企業や政府機関が近づき、就職先が決まるがウィルは親友たちから貰った車でカリフォルニアへ向かう。
受け売りだけで話す愚かさ
「討論がしたければ自分の意見を述べろ」と言ったウィルだが、彼の言葉には中身も背景も感情もなく、図書館で身につけられる単純な知識だった。


傷つきたくないから人との付き合いを避けるって中学生の俺か。
良い映画という評判を聞いて。

正直言うと、アメリカ的映画の空気?というか雰囲気に馴染みがなさ過ぎて、いまいち没入できずにいたけども、後半の親友チャッキーのいう、「もしお前が20年後も工事現場でなんか働いてやがったら、俺がぶっ殺してやる。」「俺の一日の最高な瞬間を教えてやろうか?お前が家を出るのを待つ10秒間さ。ドアをノックしてお前が出てこないんじゃないかと思うこの瞬間が最高にわくわくするんだ。」というセリフが印象に残りそこだけでも観てよかった作品と言える。
「君は悪くないんだ」と何回も連呼するショーンのシーンも良い。

あとここのセリフが好き。引用。
「君に愛についてたずねたら、おそらく君は詩を引用してみせるだろう。でも君は、ある女性に出会って、自分自身がとても傷つきやすい弱い存在になってしまうことを知らない。視線で君を圧倒し、神は自分のために天使を地上につかわしたのだと思ってしまうような人に出会ったことがないんだ。それは君を地獄の底から救ってくれるような人だ。そして自分自身が彼女の天使になるということ、彼女だけを愛するということ、たとえ何が起ころうとも―たとえガンにかかろうとも―永遠にそばにいるということがどんなことなのか君にはわからないだろう。医者も君の目を見て、「面会時間」のルールが君には適用されないとわかっているから、病院で2ヶ月間彼女の手を取りながら傍らで座って眠るんだよ。それがどういうものなのか君にはわからないだろう。

君には真の喪失というものがどういうものなのかわからない。なぜなら、それは自分自身以上に愛するものがある人にしか起こらないことだからだ。…」

ショーンの悲しげな目がものすごく印象的で、とても心に来る。

天才故の孤独だとか友情だとか恋愛だとか、理解できるものの実感はなく、もっと恋愛も学び人生経験も重ねてから観たらものすごく感動できそうな気がしている、あと何十年後かに、もう一度ゆっくりと見直したい。今の自分にはちょっと早過ぎた作品だったかもしれない。ということで評価はせず。。。
男の友情にここまで心を動かされたのは久しぶりだ。ベンアフレックとロビンウィリアムズがいい味を出していた。友達という言葉の定義は人それぞれだが、彼らのような、自分よりも相手を慮ることが自然と出来る関係性の事を言うのであろう。ベンアフレック演じる友が最後、ウィルを迎えに行こうとした後のあの表情は親友だからこそ出来るものだと思った。
ただウィルが最後別れた彼女の元に行くのは意外であった。
>|