グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちの作品情報・感想・評価

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち1997年製作の映画)

GOOD WILL HUNTING

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」に投稿された感想・評価

Attic

Atticの感想・評価

5.0
マットデイモン、ベンアフレックにはまるきっかけとなった映画です。天才的な知能を持つ不良少年ウィルがショーンとの交流を通じ、心が徐々に解れていく。本当にいい作品でした。マットとベンの車で迎えにくるそんなシーンも印象的です。
ロビンウィリアムズや、他の俳優の演技はもちろん、特に親友役の俳優の演技が素晴らしい!
あのラストの表情だけでもこの映画は名作。
自分が出来ること、やりたい事、望む未来。
こう言ったことがわからなくなってるときにもう一度みかえしたい映画です。
良い映画
脚本が誰か知って驚き

この映画、通勤とかでコマ切れに観るのは良くなかった
通しで観ないと綺麗み減少する
生意気そうな天才青年をマット・デイモンがやっているという新鮮さね

自分が傷つきたくないあまりに周りを手当たり次第にナイフのように切る
そんな痛々しい青年の心のケアの描写が素晴らしい(ロビン・ウィリアムズの説得力)

ハーバード大卒のマット故に天才も似合ってしまうこの罪深さ笑

心が参った時に観たら元気になれるそんな傑作

**一言メモ**
一番最高なのはベンの男気ね!!



2回目
いい映画だった!
親友や周りの友達が素晴らしすぎる!!
心に突き刺さる名言がいくつかでてきて、
“人を突き放すのは自己防衛”
“癖は欠点じゃなく愛おしいもの”

最後の終わり方もよかった。
shu

shuの感想・評価

4.3
ずっと見たかった映画。
今何もしてない、何したらいいかわからない自分を前に進ませようと後押ししてくれた。
ラストのチャッキーたちの笑顔が忘れられない。
fuko

fukoの感想・評価

-
This is my best !
Ryo

Ryoの感想・評価

4.0
愛を知らないで育った天才のウィルがスカイラーやショーンと出会った事で、愛を知り自分を肯定できるようになっていく過程がとても美しかった。トレインスポッティングのような、泥臭いけど青春を感じさせる友情も良き。

“完璧じゃないこと”や“欠点”は、考え方によってはとても綺麗で愛らしいものなのだと気づける映画だった。💩
ロビンウィリアムズがいい。特に奥さんのおならの話するところは本当に笑った。あれはロビンウィリアムズのアドリブらしくてマット・デイモンも本当に笑ってるらしい。あそこのシーンは今まで見てきた映画の中でもトップクラスに入るくらいいいシーンだった。
最後のロビンウィリアムズが「君は悪くない」って連呼するシーンは一言一言にしっかりと思いが込められていた。本当に人に伝えるってこういうこと言うんだなって感じた。
>|