グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちの作品情報・感想・評価

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.5
「午前十時の映画祭8」で鑑賞。刺さる映画、文句なし名作。天才と精神科医の緊迫の応酬、親友のアツい言葉、感動の涙。相次ぐ名シーン、名言に目が離せない。

天才の主人公ウィル・ハンティングは数学の難問を難なく解き、大量の読書であらゆる知識を身につけている。しかし、不幸な幼児期を送ったことで、大人に対し心を閉ざしている。傷ついた自分を頭脳で武装した彼はしかし、他人から認められないという恐れを抱き、不良仲間との居心地の良い世界に逃げ込んでいる。

孤独な精神科医ショーン・マクガイヤは、そんなウィルの心理にズバズバ切り込み、「本当は何がしたいんだ」と問う。知識を武器に相手をやり込めてきたウィルが答えられないでいると、「簡単な質問に答えられない。答えを知らないんだ」と。

ウィルの親友、チャッキーにグッとくる。親友とは何なのか。傷をなめ合う、居心地の良い関係ではなんかではない。人は幸せになるために自分の出来る限り努力をしなければならない。そのためには居心地の良い世界から飛び出していかなければならないことの方が多いかもしれない。本当の親友チャッキーは、ウィルの背中を強く押す。

「君は悪くない」。恐れるウィルにマクガイヤは、何度も、きっぱりと繰り返す。やがてその言葉の意味するところを完全に理解したウィルは…。

ウィルの成長を通じ、彼の周囲の人達も変わっていく。特に妻に先立たれ、生きがいを見失っていたマクガイヤ。彼がウィルにかけた言葉は、彼自身にも当てはまる。

ともに狭い世界の中に閉じこもっていたウィルとマクガイヤ。2人は新たな世界に旅立っていく。

●物語(50%×5.0):2.50
・文句なし。何度も観たい名作。

●演技、演出(30%×4.5):1.35
・実際にウィルとチャッキーのような関係のマット・デイモンとベン・アフレックが素敵すぎる。

●映像、音、音楽(20%×3.0):0.60
・相変わらず、映像、音楽を味わうのが苦手。またの機会にじっくり観たい。
7e3

7e3の感想・評価

5.0
超個人的に思い当たる人物とか出来事がありすぎて、言葉が突き刺さって重いよ〜〜〜!!!
登場人物全員に幸あれと思える映画はいい映画。
Youcan

Youcanの感想・評価

-
記録 ◎
ロビンウィリアムズ、マット・デイモンの演技がやっぱすげーな。人間に心開くのとかってむずくて、今まで必死で着てきた鎧を脱ぐのってそう簡単じゃない。今年は良いヒューマンドラマに出会いまくってる。ウィルを迎えに行くシーンで始まって、またそれで終わるのも粋よな〜
F

Fの感想・評価

4.6
「勝負したけど負けた、それで終わり?本当の勝負師はまた賭けに出るんだよ」

トラウマに苦しんでいる主人公ウィル(マット・デイモン)が心理学者ショーン(ロビン・ウィリアムズ)との関わりを通して自分の本当にやりたいことを見つけていく。また、ショーンも過去のトラウマに苦しんでおり、お互いに心の殻を破っていく。

~アカデミー脚本賞を授賞~
脚本がマット・デイモンとベン・アフレックだということに驚いた。

ロビン・ウィリアムズは優しさに溢れた演技をしており、もう見れないのは残念です。

ベン・アフレックをはじめとした主人公の友達は主人公の支えとなり、時には突き放し、友情って良いなと思いました。友達という存在の素晴らしさを再確認。

将来を悩む人に勧めたい映画です。
Koya

Koyaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

男の友情にここまで心を動かされたのは久しぶりだ。ベンアフレックとロビンウィリアムズがいい味を出していた。友達という言葉の定義は人それぞれだが、彼らのような、自分よりも相手を慮ることが自然と出来る関係性の事を言うのであろう。ベンアフレック演じる友が最後、ウィルを迎えに行こうとした後のあの表情は親友だからこそ出来るものだと思った。
ただウィルが最後別れた彼女の元に行くのは意外であった。
Chihiro

Chihiroの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます



ウィルとその親友たちの関係がすごく素敵。お前が20年後もここにいたらぶっ殺してやる、なんてなかなか言えない、本当に心からその人のことを想ってないと…。
ウィルを迎えに行って、彼がいないとわかった時の嬉しそうな顔がすごく好き。

ウィルとショーンの関係もしかり。
it's not your fault、ってウィルは一体その言葉をどれだけ待ってたんだろう。
自分でも気づかないうちに幼少期の記憶はトラウマを植え付けてるんだろうな〜

ウィルの傷つく前に自分からそれを遠ざけようとする気持ちがよくわかる。誰かに無条件に受け入れて率直な意見を言って欲しい。

それでも I had to go see about a girl. って終わり方がやっぱりウィルっぽくてハッピーエンド。
kotone

kotoneの感想・評価

4.5
愛情がわかる映画
Takuto

Takutoの感想・評価

4.2
おもしろかった。
>|