グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちの作品情報・感想・評価

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち1997年製作の映画)

GOOD WILL HUNTING

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.5
「午前十時の映画祭8」で鑑賞。刺さる映画、文句なし名作。天才と精神科医の緊迫の応酬、親友のアツい言葉、感動の涙。相次ぐ名シーン、名言に目が離せない。

天才の主人公ウィル・ハンティングは数学の難問を難なく解き、大量の読書であらゆる知識を身につけている。しかし、不幸な幼児期を送ったことで、大人に対し心を閉ざしている。傷ついた自分を頭脳で武装した彼はしかし、他人から認められないという恐れを抱き、不良仲間との居心地の良い世界に逃げ込んでいる。

孤独な精神科医ショーン・マクガイヤは、そんなウィルの心理にズバズバ切り込み、「本当は何がしたいんだ」と問う。知識を武器に相手をやり込めてきたウィルが答えられないでいると、「簡単な質問に答えられない。答えを知らないんだ」と。

ウィルの親友、チャッキーにグッとくる。親友とは何なのか。傷をなめ合う、居心地の良い関係ではなんかではない。人は幸せになるために自分の出来る限り努力をしなければならない。そのためには居心地の良い世界から飛び出していかなければならないことの方が多いかもしれない。本当の親友チャッキーは、ウィルの背中を強く押す。

「君は悪くない」。恐れるウィルにマクガイヤは、何度も、きっぱりと繰り返す。やがてその言葉の意味するところを完全に理解したウィルは…。

ウィルの成長を通じ、彼の周囲の人達も変わっていく。特に妻に先立たれ、生きがいを見失っていたマクガイヤ。彼がウィルにかけた言葉は、彼自身にも当てはまる。

ともに狭い世界の中に閉じこもっていたウィルとマクガイヤ。2人は新たな世界に旅立っていく。

●物語(50%×5.0):2.50
・文句なし。何度も観たい名作。

●演技、演出(30%×4.5):1.35
・実際にウィルとチャッキーのような関係のマット・デイモンとベン・アフレックが素敵すぎる。

●映像、音、音楽(20%×3.0):0.60
・相変わらず、映像、音楽を味わうのが苦手。またの機会にじっくり観たい。
いい映画すぎる。。
璃

璃の感想・評価

4.5
I had to go see about a girl.
shurin

shurinの感想・評価

4.3
涙腺が決壊するまで、自分が強がってることに気づかなかったっていう自分の経験と重なって号泣した
久しぶりに、観終わりたくないと思える映画だった
たま

たまの感想・評価

4.5
男の友情がいい。ラストのベンアフレックが主人公の家を訪ねるシーンが印象的
theminap

theminapの感想・評価

4.0
THE 人は1人では生きていけない
yuri

yuriの感想・評価

3.9
ヒロイン役の笑い声が凶悪すぎてツボる

このレビューはネタバレを含みます

 マサチューセッツ工科大学校舎の清掃員として働く主人公の青年が誰も解けない黒板に書かれた数学の難問を解いちゃったもんだから、教授に目をつけられて天才と認められて教育を受けさせようとするけど。心にトラウマを抱えてトラブルばかり起こすので奥さんを亡くしてこれまた傷ついたカウンセラーを紹介して2人で成長していく話。
 
 心を閉ざした天才の主人公がカウンセラーと心の交流をして旅立つという再生物語としてカッチリカッチリ丁寧に描かれて王道の展開で面白く見ることができました。
 主人公は数学の天才で喧嘩もするしハーバードの学生さんも簡単に論破してしまう。教授が紹介したカウンセラーたちにもなめた態度でカウンセリングにならない。そんな中、教授の同級生のカウンセラーがやってきますが、彼も奥さんを亡くして更に教授は華やかな仕事をしているけど自分は特に何もしてない。教授とその対立があったり。
 カウンセラーは主人公は本の世界は知っているけど、本当の恋をしたことあるのか? ボストンから出た事あるのか? その目や耳で体感したことがない。引用ばかりでまるで中身がないと突き放す。まだまだ子どもな主人公。
 映像も綺麗で印象的なカットもたくさんあってヴィジュアルも見てるだけで楽しくてよかったです。

 ただ主人公結構恵まれていて、友だちたちもすごく良い奴だし。ガールフレンドもカラッとした性格でしっかり者だしで、うらやましいだけの主人公でした。
 それに親友が「お前はずっとここにいるべきではない」とその才能を活かせ的なことを言いますが、主人公からしたら自分と親友たちとの間にそんな壁あったんだ? 親友ですらそう思ってたんだ? とか傷つかないのかな? とか思ってしまいました。
 そしてラストに主人公が選択するのも映画的には気持ちのいいものでカタルシスを得られて満足でしたが、実際はどうなんだろう? 就職先ではなく恋人のもとへ行くのが今度の人生で正しいのかは疑問でした。カウンセラーの言ってることは映画の中では正解に描かれてるので見てるあいだは気持ちの良いものでしが、見終わってみると首をかしげてしまいました。
 ほいで主人公は一体何に悩んでいたのかとかもボーっと見てたらよくわからなかったです。

 けれどそれでもやっぱり感動してしまって、メインの登場人物たちそれぞれに悩みがありぶつかってそこから再生していく姿を丁寧に描いていて面白かったです。
>|