グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち1997年製作の映画)

GOOD WILL HUNTING

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」に投稿された感想・評価

まめ

まめの感想・評価

3.0
途中見逃したのでまた見直したい

ああ言えばこう言うが、簡単な質問にも答えられない

自分の駄目な所を見抜かれた気分
良い話だった
さかも

さかもの感想・評価

4.4
あの小部屋の永遠性
映画を久しぶりに見た…
たけ

たけの感想・評価

4.8
何回でも見たくなる名作
tu

tuの感想・評価

4.5
途中の主人公が彼女に怒りながら本当の事を言うシーンからラストまでずっと泣きながら見てました…
きょん

きょんの感想・評価

4.3
文句なしの名作。
最後にウィルが泣くシーンは、トラウマを言語化した事によって起きたカタルシス。辛い過去を乗り越える事が出来てよかった。

精神分析の授業でこれを観てレポートを書いたが、たしかに、セラピストを目指す人にも勉強になる作品だと思う。
Shuhei

Shuheiの感想・評価

4.6
しっかりよかった。いい人生歩もう。
Insop

Insopの感想・評価

2.0
フィールズ賞受賞者であるMITのランボー教授が廊下に貼り出した数学の難問を解いた者がいたが、彼はアルバイト清掃員であった。彼ウィル・ハンティングは天才的な頭脳を持っていたが、孤児で里親から虐待を受けていたため、心を閉ざしていた。なんとか彼の心を開こうとするランボー教授は、元同級生のショーンに彼のカウンセリングを依頼する、、、というお話。

うーん、正直、あんまり心をキックされなかったんですよね。

「天才的頭脳を持つのに虐待によって心を閉ざした主人公」という不幸な完璧超人に対して、親近感も共感も全然感じられなかったので、まるっきり他人事としか思えなくて、「ふーん」というくらいにしか。。。

ただ、ベン・アフレック演じる親友チャッキーが「20年経ってお前がここに住んでたら、俺はお前をぶっ◯してやる」という、物騒なのに友情あふれるシーンは良かったかな。

キャスト達の名演もさすがですが、何故だろう、あんまり心が揺さぶられませんでした。

世間の好評価をみると、自分の感性が摩滅してるのかなぁとやや不安に(笑)。

でもあんまり合わなかったのが正直な感想です。
うめ

うめの感想・評価

3.3
名作でも人に合う合わないがあるんだね。
私は、最後の旅立ちに納得がいきませんでした。
ゆう

ゆうの感想・評価

-
お前と遊ぶのは最高に楽しいけど、朝迎えに行ったら家にいなければいいと思うっていうシーン、今の自分が1番言われてみたい言葉かもみたらきっとわかる
「あんたいい人に出会えてよかったねえー😭!!」と「次の人生に旅立ってくれてありがとうー😭!!ウィルー!」をエンドロールで脱力しながら独りごちた。。。
根本的に無理を感じると、その人切り捨てちゃうけど、ちゃんと寄り添わないといかんなと内省(笑)

【好きなシーン】
チャッキー「俺はこう思ってる。毎日、お前を迎えに行き、酒を飲んでバカ話、それも楽しい。でも一番のスリルは、車を降りて、お前んちの玄関に行く10秒間。ノックしてもお前は出てこない。何の挨拶もなく、お前は消えてる。そうなればいい」
ショーン「君は孤児だろ。僕がこう言ったら?君の苦しみはよくわかる。オリバー・ツイストを読んだから。どういう気がする?」
ーーーー