グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちの作品情報・感想・評価

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち1997年製作の映画)

GOOD WILL HUNTING

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」に投稿された感想・評価

主人公ウィル(マット・デイモン)の心が解放されるシーンが胸を打つ、メッセージの芯が強い映画。ウィルの天賦の才を巡る様々な人間性・考え方を描写しながら、“考えは押し付けるものではない”事を丁寧に描いていると思う。
心を開かないウィルの背景にあるもの。それを次第に理解し、認め、同じ目線に立ったショーン(ロビン・ウィリアムズ)がウィルの心の扉の鍵を開けるシーンがこの映画のピカイチ。一気にウィルの人間性が解放される重要なシーンになっている。
とてもいい映画を見たような、満足する2時間!
ロビン・ウィリアムズ第70回アカデミー賞助演男優賞受賞、マット・デイモン&ベン・アフレック第70回アカデミー賞脚本賞受賞作品。当時まだ無名だったらしいマット・デイモンが俳優じゃなくて脚本賞を受賞してるんだからスゴイ。
午前十時の映画祭にて鑑賞。

このレビューはネタバレを含みます

人と人が関わること、人が人を愛するとはどういうことなのか、考えさせられます。
tyym

tyymの感想・評価

4.2
天才でありながら、幼少期に受けた虐待が原因で心を閉ざしているウィル ハンティング。
題名にも深い意味が込められている。


MITの教授やハーバードの学生でさえあざ笑う能力。
暗記力や数学の能力がすざましい。
不良とのギャップも良い。

読んだ本を一語一句、ページも暗記してしまう能力。

自分にもこんな天才的な能力があったらと思う反面、こんな能力があって生きていけるのだろうか?

本来、人間は忘れる生き物。

忘れるということが、成長するのに必要な能力だと思う。
この能力がなかったら、嫌なこと悲しいことを「時」が解決してくれない。


ウィルの場合、幼年期に受けた虐待を時が解決することなく、その時に感じていた辛さ100%のまま常に生きているのだろう。
人との出会い、自分をさらけ出す勇気、ウィルの姿に感動しました。
ショーンの言葉が刺さる。

学生のうちに見れて良かった作品。
ところどころショーンの言葉が胸に刺さって自然と涙が出てきました。

自分の殻に閉じこもっていて攻撃的だったウィルが少しづつ変わっていく。

人との出会いで人生って変わりますね。

色んなとこにメッセージやふせんがあったのでまたゆっくりみたいとおもいます。
いいんだよね。何がとは言えないど
ぼん

ぼんの感想・評価

4.1
ウィルの親友良すぎる
の

のの感想・評価

4.8
すごくよかったです。本当に。自分ではこの良さが表現できないというのがとても悔しく感じるくらい良かったです。
大学生の妹に勧めたので自分でも久々に鑑賞。30才になってもやっぱり良かった。

「言葉の持つ意味を君は知らない。」
「知識は経験に勝てない。」
「心のままに生きる」

金言の宝箱
言葉言葉はいい感じなんだけど常になんか違うんだよなーって思ってしまう
多分私がひねくれてる
>|