櫻

スイートリトルライズの櫻のレビュー・感想・評価

スイートリトルライズ(2010年製作の映画)
-
夫婦に必要なのは、赤いバラと白いバラ。情熱と真実、ということらしい。このふたりの間には、そのたぐいは感じられない。でも、互いをしずかに愛しているのだなと伝わってくる。ふたりでいても、ひとりでいるみたいに淋しい。その淋しさは、人間の根源的なものだから、自分で対処するべきことで、たとえ夫であっても、妻であっても、埋めてもらえるものではない。それでも、溝を満たすなにかを外へ求めてしまうふたり。ぬるま湯にふたりでつかって、おなじ場所を見る。この守りたいもののために、わたしたちは嘘をつく。うーん、江國香織作品を映像化しちゃだめね。