菩薩

シェルブールの雨傘の菩薩のレビュー・感想・評価

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)
3.3
ミュージカル、オシャレ、ラブストーリーと苦手な要素勢揃いだが、ルグランの軽妙洒脱な音楽、作品の発明的意義、90分の短尺、なによりカトリーヌ・ドヌーヴの端正な顔立ちのおかげでなんとか観ることができる。カラフルすぎて目も回るが日本人には真似できない柔らかな色彩感感はさすがおフランス。大胆なカメラワークとカーニバルのシーンは単純にすごいと思う。終わり方はすごく好きだけど、ミュージカル(オペレッタ)で傘屋だったら『鴛鴦歌合戦』の軽さの方が好み。