にゃかしま

シェルブールの雨傘のにゃかしまのレビュー・感想・評価

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)
3.5
悲恋を描いたミュージカル映画。

傘屋の少女ジュヌヴィエーヴと修理工の青年ギイは恋人同士。結婚を誓い合うほど深く愛し合っていました。

しかし、ギイが2年間の兵役を務めるためにシェルブールの地を離れなければならなくなって…。

運命的な出会いと別れを描いた傑作ミュージカル映画、「ラ・ラ・ランド」がオマージュした部分がいくつか見受けられます。

特にジュヌヴィエーヴとギイが数年振りに再会を果たすエピローグなんかは、「ラ・ラ・ランド」の美しいラストを思い出さずにいられません。

そして、カトリーヌ・ドヌーヴが本当に美しい…!
歌も本当にお上手で…と思いきや、調べてみると本編での歌声はプロの歌手による吹き替えだそうです。ちょっと残念。

登場人物のセリフが全て歌になっていて全編完全にミュージカル、というのは本当でした。ここまで歌に徹底したミュージカル映画は流石に初めて。

ミュージカル映画好きは絶対に観ましょう。