ねぎお

シェルブールの雨傘のねぎおのレビュー・感想・評価

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)
4.6
第17回カンヌパルムドール

オープニングの港からのパンダウンカラフルな雨傘がなんともおしゃれ!
クレーンで下に向けたカメラの周囲から雨を降らせて、計画的に通過する赤や青や・・タイトル曲に乗せて素晴らしいオープニングです!
まもなく始まるミュージカル。
うーんこれは嫌いな人は嫌いかも。わたしも決してそこまで好きなわけではありません。当時としてもセリフらしいセリフがないのはとても斬新なやり方。
がしかし、上手い!相当難しいメロディなのに、軽さも併せてセリフにしているのが凄すぎる。・・でもこれら全員歌手の吹き替えとのこと。でもまあそう見えないし!

フランス語が最も美しく感じられる映画かも。
どうもフランス語ってフランス映画の重さとあいまって濃い口しょうゆなんだけれど、この映画はほどよい薄口でわたしにはうれしい感じ。

舞台は何度か観たことはあったけれど映画は初めてでした。
一度は観ておきたい映画です!