masayaan

北西への道のmasayaanのレビュー・感想・評価

北西への道(1940年製作の映画)
3.5
寝ないとマズいので一言メモだけなも。人が通常イメージするいわゆる西部劇よりも、時代が100年ほど前の、イギリス軍とフランス軍とインディアンがやり合っていた頃の話。映画史的には、船が山を登るシーケンスで有名。個人的に印象に残ったのは、モヒカン族なんか信用ならねえ、やっちまいましょう!と粋がる部下を隊長が一喝し、「我らレンジャーズに肌の色なんか関係ねえ!要らないのはお前みたいな規律を乱す奴だ」とがなるシーン。