テレザ

ランボー 最後の戦場のテレザのレビュー・感想・評価

ランボー 最後の戦場(2008年製作の映画)
3.9
最近ベトナムを観光した関係で(出国時、飛行機に乗り遅れた為「怒りのオフロード」であった笑)ベトナム戦争ものに熱い視線を注ぎ死線をくぐり辿り着いた…「ランボー」シリーズがベトナム帰還兵のトラウマ満載の映画と初めて知り、しかし幕開けはシリーズ最終幕のこちら「ランボー 最後の戦場」。意外だわ…ランボーってB級筋肉アホ映画だと思ってたのにお金を掛けたド派手アクションとゴア表現、抑制の効いた男と女の渋いラブロマンス…、割とメロメロじゃないか。見応えしかない。
白人が東南アジアの奥地に足を踏み込む系でのお約束、現地人の扱いがほぼほぼ猿問題があるけど、今作もわかりやすく白人様の洗練された、たとえば女性との絡みが、強姦ピープルな現地人と対比的に描かれ、ジョン・ランボーの儚げなセクシーっぷりが際立つ。