踊る猫

踊る猫の感想・レビュー

本日休診(1952年製作の映画)
3.8
戦後の傷跡の生々しく残った時代に上映されただけあって、精神的におかしくなってしまった青年の姿が痛々しい。だが、彼にも居場所はある。彼を存在することを許している。そのアットホームな感じがこの映画全編にも貫かれている。観ていて安心出来るのだ。なるほど古臭く感じない部分もないではないが、俳優陣の演技に味わいがありこのストーリーを嘘臭く感じさせない(つまり、アラが比較的少ない)安定感がある。井伏鱒二に依る原作は未読なのだけれど、古き良き時代があったのだなと懐かしく思ってしまった。貧乏を描いた映画だが貧乏臭くない。今でも観るに耐え得るコメディとして楽しめる。登場人物たちを多数描かせて何処まで話を繰り広げるのかと考えたが、そのようにしてオチを収斂させるのか! と唸らされてしまった。主人公の医師の演技も光るが、やはり狂気に取り憑かれた男を演じた三國連太郎と不憫な女性の淡島千景が冴えている。