とまぴゅー

名もなきアフリカの地でのとまぴゅーのレビュー・感想・評価

名もなきアフリカの地で(2001年製作の映画)
3.5
ナチスによる本格的なユダヤ人迫害が始まる前にドイツを脱出してアフリカに逃れたユダヤ人一家三人。
自伝小説を基に娘の視点で話が進む。でも娘中心というよりは親の夫婦関係がメインな感じ。
ユダヤ人迫害の話は伝聞程度。アフリカでの不便な生活に最初は戸惑いながらも、徐々に楽しみを見出していく話なのかと思ったら、夫婦のすれ違いばかり。夫に依存していた妻が今までとは全く違う環境に身を置き、夫に不満を持つようになったり、他の男性に惹かれるようになったりするのは結構リアル。

特に面白かったわけではないけれど雰囲気は好きな映画。
オウアの存在が一種の清涼剤のようで良かった。