古池

優雅な世界の古池のレビュー・感想・評価

優雅な世界(2007年製作の映画)
3.7
男の嫉妬も、なかなか大変ですね。主人公、情にあついし、家族を大切に思っているんですけどね…。
主人公の幼馴染みで別の組の組員との腐れ縁に、ちょっと和みますが。
裏社会、一度入ったらなかなか抜けられない。そして、一家を養うのは大変だよ。と、いう。
ふと我が家も、子どもの進学費用、大丈夫かいな?と、考えさせられました 笑
なんだか、だんだんと主人公に母性を刺激されるというか、肩入れしたくなりましたね。
血は、まあまあ流れますが、淡々としているというか。 稼業が違うだけで、置かれた立場などは、働き盛りの家庭持ちのお父さん方は、共感してしまうのでしょうか?
ドラマチックな悲劇ではなく、地味な悲劇。悲喜劇?
けっこう好きな雰囲気でしたね。

原題(英語版?韓国語では別に題名あるのでしょうか?)と邦題、全然違うけれど、どちらも良いな。これは。