ウォーターボーイズの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ウォーターボーイズ2001年製作の映画)

上映日:2001年09月15日

製作国:

上映時間:91分

3.7

「ウォーターボーイズ」に投稿された感想・評価

埼玉県が誇る進学校・川越高校がこんなことをやってたという歴史への爪痕。
あとから川越の名門度を知って二度驚いた。
出てる人がみんな出世してるし、若手実力派が結集+脚本よし+題材よしと三拍子揃っている。
同じ路線第二弾のスウィングガールズと同様、リアルな高校生らしさが良い。
まだまだ子どもなんだけど、大人に助けられたり助けられなかったりしつつやりたいことを模索するところ。
なん年ぶりにみたんだろう。
最高に懐かしい。
そして今みても楽しい。

なんだろう。輝かしい青春をすがすがしく、なんの曇りもない目線で楽しく見れるのは、男子校でシンクロが舞台だからかなあ。

全力ってよいね!仲間ってよいね!
人の心を動かすってすごいね!
tottsun

tottsunの感想・評価

3.8
私が最近見た映画383
「ウォーターボーイズ」
部員が高校3年生の鈴木ひとりという廃部目前の唯野高校水泳部。そこへ突如やってきたのは若くて美しい女性教師・佐久間。それを知った男子たちはこぞって入部するが、佐久間先生はなんと“シンクロをやる”と言い出す。これにはさすがの男子たちもあっという間に逃げていった。逃げ切れなかったのは鈴木を含め落ちこぼれの5人。仕方なくシンクロの練習を始めるが…
秋といえば…スポーツの秋!
本当は夏に観たかったのに誰かにずーっと借りられてて今までずれ込んでしまいました!
まぁ、でもそういうことはみんなが「夏だ!」イコール「ウォーターボーイズ」なんでしょうね。
澄んだきれいな水が光が当たってキラキラする中舞い踊る男子部員たち。
踊りだけじゃなくて彼らの青春もなんだかキラキラして見える。
この後ドラマでもウォーターボーイズは製作されるわけですが、山田孝之版も市原隼人版も毎週楽しみに鑑賞してた当時学生でした。
改めて見ると面白さがぎゅっと詰まってて特に5人それぞれが個性が光ってるんですよね。
みんなバラバラだけどそれでいい!
大人になった今では手に入れられない何かを彼らは手にしたんだろうな。
みんな若くてフレッシュで身体がシュッと締まってて演技に使われる曲たちも個性的で面白い。
夏になると本当に観たくなる映画ですね。
私的には☆☆☆.8かな。
天狗

天狗の感想・評価

2.5
レビューし忘れシリーズ その14?

えー、もう20年も前の作品になってしまったんやね。

男子×シンクロという予想外の組み合わせが当時斬新過ぎましたね。これ、20年前なら妻夫木ももうおっさんやん。ざまみろ。

あ、シンクロって呼び名が変わったんですよね?よー知らんけど。
AGO

AGOの感想・評価

3.9
8月10日
テアトル新宿にて
オールナイトで、
SGのあとに、
ウォーターボーイズ!
あーユーレディ!?
って、聴くと、
イエーイって言いますわ🎵
男のシンクロいいじゃん!
玉木宏が凄くいい。中間発表で髪の毛燃えるシーンは声出して笑う。
男子校ノリっていいなぁ。
男同士は最低で最高って言うよね。いいな。
ラストのシンクロシーンは何回見ても感動する!
期待を下回って感動は薄かった。
気を衒った設定が話題を呼んで世間を賑わせたのはいいとして、映画としては自主映画程度の出来栄えでしかない。
もっと簡潔に推敲してぐっとラストへ引っ張ってくれる単純明快な構成とリズムが欲しかった。
小学校の頃から大好きでドラマ版も全部見たのに面白い
恋愛要素が少しはあるけども恋愛よりも自分達のやりたい事を全力でやる青春映画って良いなぁ
コメディのテンポがとても良いので疲れず飽きずで楽しく観れる。
シンクロを勉強する為にダンエボやイルカショーなどからヒントを得るのも中々な着眼点
感動させつつも最後までコメディタッチで終わる学生時代の青春を思い出させる映画
moe

moeの感想・評価

4.8
わーーー、いい!
アフロ燃えるところすごいおもしろいし、バス乗ってお菓子食べまくるシーン青春すぎるし、ゲーセンでダンスするのも好きだし、商店街のオネエもすき!
青春モノだけど、戻りたくなって苦しくなるわけじゃなくて、スカッとして、自分も何か頑張りたい!という気持ちになりました