美女と野獣の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

美女と野獣1991年製作の映画)

Beauty and the Beast

上映日:1992年09月23日

製作国:

上映時間:84分

4.0

「美女と野獣」に投稿された感想・評価

Any

Anyの感想・評価

5.0
ハッピーエンドと分かっていてもピンチの時はハラハラしちゃう。何度見ても良い映画
過去の鑑賞記録。

小さい頃、家にVHSがありました。笑
当時は何が面白いのか分からなかったけど、さすがに今なら分かります。
何度となく観ているということは、何度となく観ることが出来る名作だということ。
丁寧に計算されたストーリーが素晴らしい楽曲とともに展開する。
ベルの黄色いドレスが印象的で忘れがちだが、これは野獣の成長物語。
187
王道に好きな作品。何回も見た。ベルのような女性に憧れる。ポット夫人の歌声が優しい。
apollo

apolloの感想・評価

3.0
子供のときぶりに観た。
名作はいつまでも色褪せない。
そういえばこの作品でオットマンという存在を知った
ガストンがクソ野郎すぎて笑えない。
人の本を足蹴にする、人の親を頭がおかしいジジイ呼ばわり、暴力、根拠のない噂を流して民衆を煽る…
ここまで徹底して悪を詰め込んだのはなかなか。

ただ、表情がコミカルなので、ちょっと乱暴な街の人気者もちょっとしたきっかけで悪役になるという教訓に思える。

ベルは野獣にも物怖じせず語り合おうとするが、ガストンには初めから語り合おうともしない。
話の通じない奴には関わっても無駄。賢い。

小道具が動き出すのはおままごと的な可愛らしさがあるが、本当は人間が魔法で変えられていた。
Be our guestの、悲劇を楽しく歌い上げるシーンは、お祭り的な寂しさがあった。

感動したのは、雪合戦のシーン。
二人とも口を開かずデュエット。つまり心の交流ができたという暗示。自分のミュージカル映画の常識にはなかった。
よしみ

よしみの感想・評価

4.2
久しぶりにみた。ディズニーで一番好きな映画。ベルが好き。野獣も好き。みんな好き。以上!
k

kの感想・評価

4.1
名作は何度見ても感動できますねー🥺
ダンスホールのシーン大好きです!
ガストンは何故か憎めないヴィランです(笑)
ベルはその名の通り美しい…
スペシャル・エディションで追加されていたベルが野獣に文字を教えるシーンを初めて観ましたが、微笑ましすぎて涙が流れました😭
karinto3

karinto3の感想・評価

5.0
ディズニー映画の中で一番好き。
子供の頃はベルになりたかった。
ベルを目隠しして、野獣がサプライズで図書館丸ごとプレゼントするシーンが何度見ても心ときめく。私も欲しいと本気で思っていた。
面白かった!

ベルかわいいし、野獣もかわいい憎めない。
甘酸っぱい恋模様。
人を見た目で判断しちゃいけない!