プロメテウスの作品情報・感想・評価

「プロメテウス」に投稿された感想・評価

YUTA

YUTAの感想・評価

3.5
さすがリドリー・スコット監督、映像は素晴らしいが、元々のシナリオが改訂されたらしく、ツッコミ所が満載な映画になっちゃってる。勿体ない。
初見(今ごろ) 超いいやん
いずこ

いずこの感想・評価

1.5
CGがたくさん使われてて宇宙船の内装とかすごいなぁとは思ったけど、ストーリーはよく分からなかったしあんまりテンション上がらない。
畝音

畝音の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

何度も観直すと意外と悪くないんじゃないかと思うのが不思議。
というかけっこうキャストが豪華。
みんな売れる前だったのかな。
エイリアンシリーズみたいなアクションを求めるとがっかりするけど、初代エイリアンに通じるホラー、サスペンスな作りで好みかも。
嫌いにはなれない作品。
キャメロンの『エイリアン2』は観てないのに、リドリー・スコットの世界観を観たくてこちらをチョイス。

映画冒頭の荘厳な音楽に合わせて映る岩山や河川に滝が神秘的。個人的にはこのアヴァンタイトルだけでリドリー・スコット要素を満喫できる。
その後はある種の予定調和としてのまとまりのない宇宙船クルー、ハプニング、戦う女性、といった要素が描かれる。
第1作と比べるとエイリアンのホラー要素はやや物足りないが、探査機や、古代文明の遺跡?といったメカや建造物などのディテールの描写は上手い。
そしてやっぱり、暗闇に薄っすらと浮かび上がる緑のライト、白い船内に浮かび上がるオレンジのライトといった映像美は安心して観れる。やっぱりリドリー・スコットの映像、病み付きになります。
衝撃のラスト!
「悪の法則」と同様、リドリースコットの暗黒面が前面に押し出された珍作。

冒頭、とても地球上とは思えない雄大で美しい大自然には圧倒されるが、突然白ハゲマッチョが毒を飲んでドロドロに溶解し自らのDNAを水中にばら撒く。
よくわからんがどうやらこれが人類の起源らしい。おそらくこの時点で大半の観客は置いてけぼりを食らう。

その後も登場人物(特にマイケルファスベンダー)の不可解な行動や辻褄の合わない展開が盛りだくさん。
突っ込みどころを挙げれば100個ぐらいあるんだけど(それでもエイリアンコヴェナントよりはマシか)、個人的に何故か嫌いになれない、妙に中毒性がある作品。

世にも悪趣味な帝王切開シーンには度肝を抜かれたし、巨大イカと白ハゲマッチョの取っ組み合いはあまりのシュールさに笑いさえ込み上げてくる。

ただ「人類の起源」だの大層な宣伝の割には随分とこじんまりとしたお話でした。
100億以上掛けてこんな珍作を撮ったリドリースコットの正気を疑ってしまいますが、その後「オデッセイ」や「ゲティ家の身代金」など良作も作り上げるあたり、やはり只者ではないなと実感。


軽くネタバレ

これは映画を観た誰もが思う事だろうが、あのクロワッサン型の巨大宇宙船が転がるシーン、横に逃げればいいのにわざわざ縦方向に逃げて案の定下敷きになるシャーリーズセロンはこの映画で一番愚かだと思いました。
こせ

こせの感想・評価

3.0
セルフ帝王切開のシーンがきつすぎる…
前半でワクワクしそのあと中だるみ後半なんじゃこりゃ。
リドリースコットさんは引退したほうが良い。
ノオミさん含め役者の名演技がむなしい 。
作品として未完成、ガイピアースの老けメイクもなんか変でときどき若く見える 。
結局最初の風景がピークでした。
>|