プロメテウスの作品情報・感想・評価

「プロメテウス」に投稿された感想・評価

エイリアンの原点になる話らしいです。

が、何か違う。
肝心のエイリアンの出番が少ないよ。

昔、子供の頃にみた最初のエイリアン(たしか2かな)めっちゃ怖かったのに、今回は全く皆無。
大人になったからかな?
filmlover

filmloverの感想・評価

3.0
結局何が言いたいのか不明瞭なエンドでモヤモヤ
nami

namiの感想・評価

-
記録。
Ccorri

Ccorriの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

エイリアンの始まりだったんだね
DUNE

DUNEの感想・評価

4.2
エイリアンシリーズとしては微妙だが、リドリー・スコット作品としては満点を与えたい。

ツッコミどころ満載のストーリーに加え、登場人物も未知の惑星で単独行動をとって迷ったり、未知の生物をおちょくって死んだりと救いようのない馬鹿どもだが、もはやいくら映画的にダメでも問答無用で好き。

リドリー・スコットは今や人類の起源やAIの向かう先などにどっぷりハマってる感じだが、どんどんこの路線で好き放題やってほしい。特に今作の「神が人間を作ったのは作れたから作っただけ」みたいなひねくれた考え好き。

でもさすがに船が倒れるとき、船に対して直角に逃げず垂直に走り続けるのは頭悪いとかいう次元超えてませんか。

このレビューはネタバレを含みます

SF映画作る人は人工知能がこわくて仕方がないのでしょうか。
神さまと人間の関係=人間と人工知能の関係
という入れ子構造で見ると、神さま(エンジニア)にとっては人間がかしこくなりすぎて(?なのか知らんけど)、人間を滅ぼそうと実はたくらんでいたけど、人間たち(プロメテウス号の乗組員)がそれを食い止めましたよ、というお話が、その後人間にとっては人工知能がかしこくなりすぎて、どうにかしようとしたけど(ブレードランナーみたいな(おんなじ監督笑))、人工知能はそれを食い止めましたよ、ということになっちゃうんじゃないか、と。
だってファスベンダーロボが「父の死は誰もが望むことではないのですか」なんて言うんだもん。
わたしも人工知能こわいわ。
それをまあ回りくどく見せられたという感覚です。
難しかった
とにかくグロい
>|