オール・アバウト・マイ・マザーの作品情報・感想・評価

「オール・アバウト・マイ・マザー」に投稿された感想・評価

Risa

Risaの感想・評価

3.7
ペドロ作品を観ると、近年多いLGBT映画が通俗な自意識過剰ドラマに思えちゃったり、、、(笑)
悲観的で無いというか、向き合い方が自然で。

元 旦那の性転換とは衝撃的ですが、まだまだ身近に感じられる母子家庭、息子の事故死、レイプ、それからのマイノリティーやら、、レズ、麻薬中毒、エイズ、認知症、ゲイの娼婦。

主人公も、周りの人間も皆 壮絶な人生を歩んで来ている故に寛大で、母性を強く感じます。
総ての活動力は母性から。

街から出る時にサグラダファミリアが映されるのですが、とても魅力的。
今もなお成長と風化が同時進行の建造物ですから、今とは、まるで違う風格に はっとするんです。

主人公『本物のシャネル?』
オカマ『まさか、世界が飢えてるのに 。
本物はハートとシリコンだけ。』

妙に 心に残った台詞です。
女になった男は、本物なのか虚像なのか。
ヘアメイクに、ファッションに、歩き方、、美しく着飾って居ながらも、そんな表面的なものに、対した意味は無いわと言っているよう。そりゃそうでしょう。身体が男で心が女に産まれてきたんです。心以外は表面的なもの。体の構造でさえ表面的なもの。
人に母性があるのは 女性ホルモンを作れるからでも、子供を宿せる身体の仕組みだからと言う訳でも無いという性的マイノリティー。

そして、シャガールの贋作を描く人。
こちらも 偽物。
本物だとか偽物だとか、そういうことを散りばめられています。
偽物を作って騙す事は悪ですが、違う体に産まれて自分を騙す事も悪かもしれません。

ペドロ作品と言えば劇中劇。
『欲望という名の電車』気になるなぁ。
監督の映画愛も毎回何気に入れ込んでくるのも 何気にちょっとした楽しみです。


色んな濃い人たちの話ですが、凄くまとまりよく、ペネロペクルスは安定の可愛さです。周りが濃すぎてキャラは薄くなりますが。
non

nonの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

かなり独特。
女性の登場人物が多い映画は好き

まだ26の娘にとって、自分を認識できない親は辛いだろうな。シスターがエイズになって妊娠し亡くなったり。息子の事故死も。
悲しいことが次々と起こるが淡々と進んで行く。登場人物の過去も感情も一部曖昧なまま進んで行く。

一番印象に残った台詞。
名声は香りも味もない。実体すらないものよ。
MARINA

MARINAの感想・評価

-
いい意味で裏切られた。総じてすごくいい映画。
Kaori

Kaoriの感想・評価

-
観て良かった
coma

comaの感想・評価

3.0
孤独を紛らせるためなら女はなんでもする、って台詞が印象的。
確かにこの映画に出てくる女はそうかもしれない。
でも、皆それぞれ、代償を払ってカタをつけてる。

ロラ、ちょっとしか出てこなかったけどいやに魅力的でびっくりした。
子供二人いる胸のついた男ってなんやねん、と思ったけど変に納得してしまった…
かなり刺激のある映画だった。
息子が交通事故で亡くなって悲劇的なシーンが続くと思ったが、セシリアロスの素晴らしい演技と周りのキャストとの関係が余りにも目まぐるしく魅力ある展開に目が離せなかった。
これまでこんな映画を見た事が無かっただけにかなり不思議な気持ちになった。
期待してなかっただけに、かなりの良作を見れて満足できた。
close

closeの感想・評価

4.4
なんかいい
理解できないけど、女たちがみな魅力的だった

理解しようとすると楽しめないのかもしれない
あお

あおの感想・評価

3.9
息子を亡くした母親の話ということで敬遠していたけれど、目まぐるしいストーリー展開に予想を裏切られた。ワケあり女たちの生き方に目を離せなくなる。
usami

usamiの感想・評価

-
ずっと観ようと思ってみていなかった。
ペネロペクルス可愛い❤︎
>|