giri

明日に向って撃て!のgiriのネタバレレビュー・内容・結末

明日に向って撃て!(1969年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

アメリカンニューシネマの代表作。
結末はもうほぼわかっているんだけど、死なないでくれ奇跡的に助かってくれと願いながら観た。
2人の口喧嘩がコミカルなので、アメリカンニューシネマとはいえ暗ったい映画ではない。ただ、雇い主のお爺さんには死なないでほしかった……。

そういえば途中、筒井康隆の「走る取的」みたいじゃない?知らない誰かに追われる恐怖がデジャヴだった。

ポールニューマンとロバートレッドフォードならスティングのほうが好き。