のりまき

病院坂の首縊りの家ののりまきのレビュー・感想・評価

病院坂の首縊りの家(1979年製作の映画)
-
草笛光子!本当にすげえなぁ!白石加代子!鳥肌たつ!斜陽という言葉が浮かぶ作品。戦争が終わったというのに、浮き立つ気配はなく、終わりの気配が濃厚。村ではなく、町の話であることが今までとの決定的な差かな?一緒に見ていた娘が加藤武と岡本信人のやりとりに爆笑。