エリオット

オアシスのエリオットのレビュー・感想・評価

オアシス(2002年製作の映画)
4.7
バーニングが素晴らしかったイ・チャンドンの2002年の作品
脳性麻痺の女性と(おそらく知的障害者である)刑務所あがりの青年との純愛物語
最初に出てきたとき誰もが目を背けたくなるような女性がどんどん女としての内面を露わにし始め、それとともにこちらは目を離せなくなり…一瞬の妄想に飛び上がるように驚く
とにかく厳しい現実と美しい幻想を、同時に同じ画面に映画的に描くところが素晴らしい
2人の心の繋がりも最後まであくまである感動的な行為を視覚的に見せることで示される
見る前と見た後でこちらの内面が変わることが良い映画の条件だと言われるが、そうだとすればまさに本作は傑作だと思う