オアシスの作品情報・感想・評価

オアシス2002年製作の映画)

오아시스/OASIS

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

4.2

「オアシス」に投稿された感想・評価

バーニングが素晴らしかったイ・チャンドンの2002年の作品
脳性麻痺の女性と(おそらく知的障害者である)刑務所あがりの青年との純愛物語
最初に出てきたとき誰もが目を背けたくなるような女性がどんどん女としての内面を露わにし始め、それとともにこちらは目を離せなくなり…一瞬の妄想に飛び上がるように驚く
とにかく厳しい現実と美しい幻想を、同時に同じ画面に映画的に描くところが素晴らしい
2人の心の繋がりも最後まであくまである感動的な行為を視覚的に見せることで示される
見る前と見た後でこちらの内面が変わることが良い映画の条件だと言われるが、そうだとすればまさに本作は傑作だと思う
こういう映画は飽きちゃうので苦手なんだけれど、最後まで頑張って観て良かった
工藤

工藤の感想・評価

4.3
恥ずかしながら、イチャンドン監督作品は初鑑賞。
「障碍と貧困」を美化することなく描いている点では「岬の兄妹」と共通している。
しかし、違うのは今作において障害を持つ者を徹底して卑しく描いている点だ。
主人公の男は知的障害を抱えているが、行動に関しては同情しかねるシーンも多い。
恋する女性も人間なら誰しもある性欲を観客にぶつける。
美しく幻想的なシーンと現実を交互に見せることで、観客の心を壊す。
REOMARU

REOMARUの感想・評価

5.0
僕らが日々の生活の中で知ることのない世界や想像が難しい世界を描いている。
人と人が引き寄せられ、決まり切った視線で縛られながらも、生きてく。その強さとは何かを考えさせられる。

ぜひ見てほしい。
CC

CCの感想・評価

-
ヒロインの妄想シーンが好き。
泣けてくる、、、

そしてタイトルが上手い。
さっこ

さっこの感想・評価

4.5
「岬の兄妹」に先行する関連作品として、開明獣さんにオススメしてもらいましたヽ(・∀・)



脳性麻痺の女性が登場したときはこの人がヒロインなのか?とびっくり。
対するは、中学生女子に小銭をくれないかと声をかけるム所帰りの男。

障害者の恋愛を描いたドラマはいくらでもあるけど、ここまでリアルに障害者を障害者として登場させた作品はないと思う。
ファンタジーゼロ!!

そんな脳性麻痺の女性の家に忍び込んでヤっちゃおうとする男も本当にひどい。

この作品は、そんな二人の恋愛を描いた、とてもシンプルなドラマ。
しかし、こんなにも泣けてしまうなんて…。
傑作でございます。



素晴らしいんだけど何て書いたらいいか分からず二回見た(一回返してから、後日改めてTSUTAYAでレンタルしてきた)。

二回見るといろいろわかるもので、
とりあえず、ヒロイン、コンジュが脳性麻痺じゃなくなるシーンありますよね。

あれは電車内で想像したのが始まりで、その後の象やインド人たちと踊るシーンも、地下鉄で歌うシーンもコンジュの想像(こうしたいな、という願望)ってことですよね。

どちらも素敵なシーンで、地下鉄で歌うシーンでなぜだか涙がポロポロこぼれてしまって我がことながら何で泣いてるのかわからなかった。



見直すと納得した。
そのシーンの前にジョンドゥが家族にコンジュを紹介しようとして猛反発食らって、コンジュも嫌な思いをして、初めて二人がケンカするシーンがある。

ジョンドゥは怒って一人で行ってしまうが、すぐに戻ってきてコンジュに謝り、カラオケに行く。
コンジュも歌ってと言われるが、コンジュは当然歌えない。

その後で地下鉄で歌う想像(願望)シーンにつながるのだ。

そのときのコンジュの歌の歌詞は非常に母性的なもので、包み込んであげたい、あなたのためならなんでもしてあげたい、みたいな歌詞。

突然家族に紹介されてひどい目にあったけど、ジョンドゥに悪気があったわけではなく、本当に子供みたいで仕方ない人、だけどそんなあなたが好きだよ。
そんなコンジュの気持ちが伝わってくる。
そりゃ泣きますわ。



その後、クライマックスで大変なことが起こり結局二人は離れ離れになり、一見バッドエンドみたいな感じもする。

しかし、ラストシーンで一人で部屋の掃除をするコンジュ。部屋はキラキラと輝いており、オアシスの絵が見える。
ジョンドゥから手紙が届き、もうコンジュは一人ぼっちではない。
もちろんジョンドゥも。
とてもポジティブなラストだと思う。




「シークレットサンシャイン」も見てみようかな♪
ozzychang

ozzychangの感想・評価

4.6
忘れられない作品になりました。
イ・チャンドンすごい。
きっこ

きっこの感想・評価

3.8
自分にかえってくる映画

知らず知らずのうちに身につけてしまった人としての偏った見方を気づかせてくれる作品でした。
"最後の一葉" を思い起こさせるとこ好き。人は、愛し、愛されることで、その人の生きる糧となり得るのかな。

何よりもイ・チャンドン監督のタイトルセンスが素晴らしい。
休日なので何観ようか迷いましたけどもう疲れ果ててるんでね。
ラース・フォン・トリアー最新作も『海獣の子供』も疲れそうなんでパスですよね。
最終的に近くでやってたイ・チャンドン監督特集の『オアシス』観ましたけどね。普通に傑作でしたね。
私自身、イ・チャンドン監督作品弱者でこの前の『バーニング』も村上春樹作品の映画化としては文句言ってましたけど、映画自体のクオリティは非常に高くて。
本作に関しても文句のつけようのない非凡な作品だと思いましたね。
前科三犯マンの青年と脳性麻痺のコンジュさんのラブストーリーですけども、まあ最近の作品で言うと『岬の兄妹』なんかに影響してるんじゃないかと思いますが、要は前科ありマンっていう社会的にみたらダメな人間と脳性麻痺っていういわゆる「弱者」ですよね。要は虐げられている人たちのラブストーリーですよ。
正直、映画全体で起こることは非常に起伏が少ないんですよね。映画全体で進む時間の流れの範囲の幅だって広くない。
ところがこの2人の距離が近づいていく描写が極めて丁寧。133分の上映時間を大胆にに2人の距離が近づいていく機微を描くために使ってますよね。
倫理的にも最悪に近い最初の距離から、それが近づいていく描写の細やかさ、かと言えば映画ならではのマジックを使った飛躍力、本当に素晴らしいですよね。
それを決定的なものにしているのは脳性麻痺のコンジュを演じるムン・ソリのズバ抜けた演技ですよね。本当に患ってる人にしか見えないんですよね。人間どうやったらこんな演技ができるんですかね?っていうかこんな演技のディレクション、付けようとして付けられるもんでもないし「もし脳性麻痺じゃなかったら」シークエンスとの段差が凄すぎてね。とんでもないものが撮れてしまってますね。
『オアシス』というタイトルも見事ですけど、「普通の人々」が「普通」に生きている社会がある種の人々にとってはまさに砂漠のように厳しく生きづらい世界なんですよね。そうして虐げられたもの同士の育むラブストーリーがまさに『オアシス』そのものであり、その真実は彼らと我々観客にしか分からないというね。普通に生きていて想像のつかない世界のことを考えさせることは物語というものが持つ力だと思うので、本作の物語の力はスゲーなって思いましたね。服や食べ物周りの描写も凄く練られてるし、イ・チャンドン、映画撮るのうますぎて引きますわ。
>|