ShoTakanashi

百万円と苦虫女のShoTakanashiのレビュー・感想・評価

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)
2.8
最近の悩み。

劇場上映作品、レンタル開始した新作で観たい映画は溜まってる。

しかし性格上録画した映画をある程度片付けてからじゃないと気が済まない。

そのクセ若干忙しくて鑑賞ペースが落ちてる。

このループ

そしてこの映画。

蒼井優が好きなわけでもなく、邦画ののんびり映画が好きなわけでもなく(当たり外れが激しい。当たりの記憶がない)、むしろキライなのになぜこの映画を録画していたのか。

途中まで予想通りの退屈さ加減。森山未來登場あたりからトントン進むが、そこまでがちょっと。

そもそも弟が重要キャラのはずなんだが、関係性が良くなってくる伏線が雑な為、最後まで感情移入できず。

ただ、森山未來は大学生役がよく似合うし、蒼井優は幸薄役がよく似合う。

あ、ラストの終わり方は好みです。